2010年03月17日

漫画『よつばと!』あずまきよひこ

天真爛漫な無敵少女「よつば」が出会う人々や
いろんな発見や体験、喜怒哀楽を描いた物語。

タイトル「よつばと!」は
「YOTSUBA&!」が示すように、
「よつばと愉快な仲間たち」や
「よつばとすごすすてきな日々」
などのニュアンスだと思われる。



〜あらすじ〜

新しい街に引っ越してきた小岩井さんちの
「よつば」と「とーちゃん」。
(小岩井牧場のある宮城県が有力視される街)。
ふたりの友達である「ジャンボ」と共に
荷ほどきをしていたが、よつばは元気に街に
飛び出してしまう。島に住んでいたという
よつばは、ブランコも知らないほどの野性児。
近くを通りかかった女の子(恵那)にやり方を
教わり、大はりきりで大ジャンプを決める。

恵那のうちは、よつばのおとなりさんだった。
おとなりの綾瀬一家は、
あさぎ(大学生、母似、美人、母いわくやさぐれ
でも、やさぐれたのは母が原因だ!)

風香 (女子高生、副会長、ポテトチップ好き、
「グッバイマイラブ」、変なTシャツ大量所有)、

恵那 (小学生、ティディベア好き、怒ると怖い、
鬼教官「はーい、とまってください」
面倒見がよく、意外と図太い性格)

の美人三姉妹と
「あさぎが勝手にアイスを食べた。
産まなきゃよかった」
と大人げなく怒り狂うおもしろいお母さんと、
娘に恋人ができることや、恵那の結婚の日を思い
涙にくれるフツーのお父さんを要する家族。



夏休みになるタイミングでやってきたよつばは
綾瀬一家と仲良くなり、足繁くに通うように。

大好きなとーちゃん、いっしょにバカなことを
やってくれるジャンボ。
そして、綾瀬さんチから派生する人間関係
によって、どんどん増えていくともだち。
セミ採りにお祭りや釣り、海水浴。
学園祭参加にお御輿担ぎにどんぐり拾い。
牧場に行ったり、気球に乗ったりと
新しい発見・体験をするよつばは、
たまに怒られたり、時に泣いたりしながら、
最後は笑って元気いっぱいに大声で駆け回る。

雨が降ったって、台風が来たって、
風邪をひいたって、へっちゃら。
全身で喜びを表現し、全身で怒りを表明する。
全力で人と付き合い、全力で哀しみ全力で楽しむ。
この無限のパワーがよつばの持つ魅力であり、
圧倒的な未来をつくるこどものすごさなんだ。

この漫画の特徴としては、よつばのセリフが
ひらがなとカタカナで表現されていて、
かつおもしろいセリフが多いこと。
作品全体を通し、斬新でおもしろい構図が多い。
モスバーガーとかカルビーのポテトチップス、
カップヌードルとか店名やメーカー名、
商品名がはっきりわかるように描かれること。
こどものときのきもち(童心)を忘れていない
大人キャラが多いことが挙げられる。
かつ、こどもを描くのもうまいのである。
すごい!最高評価の☆☆☆☆☆。


メディアワークス。電撃コミックス 14巻〜



〜おまけのキャラ補足〜

よつば(よつば こいわい)
よっつの飛び出した髪型とみどり色の髪が印象的。
どうも外国のこどもらしい。
こどもらしいいたずらをしたり、
「こうだったらいいのにな」という子供的
嘘をついてしまうこともある。
現在5歳。来年から小学生になる生まれ月。
カレー、ハンバーグ、牛タン、牛乳、
おかしとケーキ、目玉焼きなどが大好物。
苦手なのは、オバケ、天狗に梅干し。
牛とイルカ、ゾウ、ティディベアなどが好き。
(牛タンについては、わかっているのか不明)
得意なのは、人に溶け込むこととお絵かき。
よつば作詞・作曲の自作の謎の歌を歌っている
ことが多い。
主人公(ヒロイン)らしく顔のパターンが多い。

とーちゃん

翻訳家。
よつばとは外国に出かけているときに出会い、
なんかいっしょに住むことになったらしい。
「どんまい」に象徴されるように基本的に寛大。
でも怒るべきときは怒る。
よつばのためにパンツマンになったり、
おしりまるだしマンになったり、
遊びにつきあったりと忙しい。
結構、ズボラな性格で家事がめんどいらしい。
童心を忘れぬナイスガイ。
前は、ばーちゃん(多分母)とよつばと
いっしょに暮らしていた。

ジャンボ

花屋の息子。ものすごくデカい。
あさぎに惚れるが、シャイな性格なので進展なし。
よつばをはじめ、子供たちに対する接し方などを
みていると、フツーにモテそうだが。
発言がおもしろい。

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:28| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安寿さんのホームページで紹介されてたので買いました。
1日で9巻全部。

日常を描いてるだけなのに、何でこんな面白いんだろ。
たしかに100選に入るだけあります。

>「よつばと!」は、すごすぎてうなった。作品です。
 「あずまんが大王」がおもしろく、評判もよかったので
 読んでみて正解でした。

 日常を描いているのにおもしろいのは、
 表現力がずば抜けているからだと思います。
 小説家的な。
Posted by ながさき at 2010年07月26日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。