2010年03月01日

漫画『理系の人々』よしたに

理系人間の思考や行動などを紹介・分析。
(あくまでよしたに氏や周囲の人などがモデル)

日常の事象を数式にあてはめようとしたり、
恋愛で身も蓋もない発言をしたり、
物事の合理化をはかりたがったり、
融通が利かず、変な拘り(こだわり)がある。
理系的ジョークやうんちくを傾けたがる傾向
があるなどの理系エピソードを面白おかしく紹介。
投稿されてきた理系男子発言が紹介されていたり
ごく一部だが理系女子も登場。

全編オールカラー、『ぼく、オタリーマン。』
のテイストそのままで描かれている。

読んだ感想としては、よしたに氏、
担当である文系の源さんが苦手で、
145ページに登場する理系女子が好みなんだなぁ
と。だってかわいく描かれているから。

リクナビNEXT 中経出版。

3月26日 2巻 発売予定。

理系の人々

理系の人々

  • 作者: よしたに
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2008/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。