2010年02月13日

【バンクーバー】

某スノボー選手の服装及び髪型、態度などが

悪いとバッシングが集まっている。

批判されて当然だと思う。


世界的に見たら大したことじゃない

という意見もあるそうだが、少なくとも日本

ではまだ市民権は得ていないんじゃないかな。

服装の自由は。

私服ならいいけど、公式での舞台だし。

他のスノボーの選手フツーだったから余計に。


都合の悪いことがあると、欧米では常識とか

業界の中では通例とか、この辺では当たり前

とか議論をすり替えてしまってはいけない。


国の代表として行くのだから。

すでに成人しているのだから。

お金も出してもらっているのだから。

彼が代表になり行けない選手がいるから。

賛成の反対なのだ。


これが俺の個性だ!ファッションだ!

と主張するなら最低でも金メダルを獲得

する位の気概をみせてほしいものだ。


実力が伴うなら、朝青龍や亀田兄弟ではないが

ある一部の人たちからは評価してもらえる。

まぁ、批判の対象からは免れないし、

悪目立ちしたことで本人にとっても

今後もマイナスに働くことは想像に難くない。

でも結果を残せば、朝青龍や亀田ではないが

ヒールとして、今後注目を集めるかもしれない。

ドレッドヘアーも市民権を得るかもしれない。


プラスに働く点?

たとえば、期待されている上村選手とか

高木選手、岡崎選手、加藤選手に葛西選手と

高橋選手に織田選手といった注目選手に対する

風当たりがドレッドにシフトすること位かなぁ。


15歳の高木選手に期待を寄せるのは酷だと思う。

Yahooのページには、日本のメダル獲得数が

一目でわかるようになっているが

プリーズ リメンバー ソルトレーク!

である。


いつも思うことなのだが、メダルなんて

がんばった選手へのおまけみたいなものだ。

期待するのは勝手だが、なぜ獲れないんだ!

と文句を言うのは筋違い。


私は彼らに援助したこともないし、

練習風景を生で観たこともない。

テレビの前で応援することはあっても

選手の頑張りも知らない。苦労もわからない。

ズルして失格にならなければ、称賛。

結果がついてきたら、絶賛。

これでいいのだ。


先のドレッドヘアの悪目立ち選手も話して

みたら、結構まともなんじゃないかなぁ。

演技も観ていないし、まだなんとも言えない。

色眼鏡で観られるのは自業自得なのだが。


タイミングも悪かったよ。誰だって、

態度の悪いスポーツ選手観ると、

朝青龍を思い出す。バッシングの新たな対象

として、最高最悪のタイミングで彼が現れた。

そんな気がする。

政治の報道もそうだけど、本来時間を費やす

べき討論や新法案などの時間が削られて、

政治家の起こした不祥事というか犯罪を長々と

説明されることは本末転倒。

小沢はクビ。国民の大半がそう望んでいるから。

民主主義で民意を問い、それを尊重するなら。

小沢は有罪。本来なら1秒で解決する問題だ。

批判というのであれば、国を食い物にしている

輩の方がよほど問題だと思うのだが。

複雑に考える必要など毛頭ない。


あとね。彼のバッシングに費やしている時間が

あったら、選手の練習風景とかね。

選手を支えてきた人たちのこととかね。

そういったことを報道してほしいよ。

心温まるようなホットな話題が聞きたいよ。

本来そうあるべきだと思うよ。

祭典なのだしね。楽しまなきゃ。


『星の王子さま』じゃないけど、

大切なことは目に見えないから

いつだってそのことを念頭に置いてかないとね。

目先にあるドレッドヘアーに目を奪われてちゃ

いけない。でも、国の母って皮肉な名字だよね。

なんだかんだ言っても、

あんなお母さんはイヤだね。私は。
【国母選手の問題】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100212-00000002-jct-ent


13日の読売新聞の編集手帳に、

日本選手のほぼ全員を応援したい

とあり、なんのことかさっぱりだったけど

意味がわかったよ。

髪型の自由をめぐる問題なのねw

どうせなら出る杭になりなよ。結果を出して。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安寿さんのたまに書かれる漫画と無関係の記事がけっこう好きです!

>ありがとうございます。レスが極端に少ないブログなので
 好評なのか不評なのか、はたまた読み飛ばされているのか
 わかりません。だからコメントあるとうれしいのです。
 おっ、コメがあるぞ!と思うと業者からで凹むのです。
Posted by ペコ at 2010年02月15日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。