2010年01月30日

漫画『JIN-仁-』村上もとか

外科医南方仁は、幕末にタイムスリップ。
幕末に生きる偉人たちや無名の人々たちの命を
ひとりでも助けたい!と金も名声も求めず、
私心(私欲)なく患者の貴賎の別なく医術を施す。

不思議な力によって、幕末の1862年の江戸に
タイムスリップしてしまった仁。
刃傷沙汰によりケガを負った橘家の武士を医術に
よって助けたことが縁で、橘咲と知り合う。
仁を慕い、手術の手助けをしてくれる咲。
坂本龍馬や松本順庵をはじめ彼を支持してくれる仲間。

しかし、仁はいつも自分はひとりぼっちなのだと
考えてしまっていた。自分が生きていた2000年に
帰りたいと思っていた。
だが幕末を生きる人々の想いや仁義や感謝にふれ
いつしかこの時代に生きたいという想うように。


【花魁野風と仁】

自分が助けた命によって、
その結果、歴史を変えてしまうかもしれない。
そしてひいては、自分の存在そのものが消えて
しまうかもしれない。時には、得体のしれない
存在である自分の足を引っ張る者や逆恨みする者
によって自分だけでなく己を慕い信じてくれる者に
被害を及ぼすかもしれない。

でも、自分の医者という仕事に誇りを持ち、
助けられる命は助けたい!という想いから
今日もメスをふるい、この時代にはない
「ペニシリン」の精製の研究を続ける。
そして何万人もの命を奪った麻疹やコレラなどの
伝染病や、江戸患いと言われる脚気、梅毒など
多くの病気との闘いをリアルに描く。


【多くの民を救いたいとペニシリン開発】

仁の情熱や想いは、彼に助けられた人々や
同じ志を持つすばらしい先祖たちの心を動かす。

激動の時代である幕末の江戸や京都、長崎を舞台に
歌舞伎、相撲、軽業などの演芸文化や
吉原や祇園、港崎などの遊郭などの風俗。
幕末の偉人である坂本龍馬(+お龍)や西郷隆盛、
勝海舟に新撰組の近藤勇、土方歳三、沖田総司、
皇女和宮、高杉晋作、緒方洪庵、女医いね、
桂小五郎、徳川最後の将軍慶喜なども登場し、
幕末ファンには実うれしい実に憎い演出をみせる。
特に坂本龍馬と行動を共にするエピソードは多く
龍馬暗殺阻止のために働きかける。


【「仁友堂」メンバーによる手術】

手術シーンは、グロテスクなほどリアルに描かれ、
使用される漢字は小説レベルなのにルビはほとんど
使用しないなど完全に大人向けの漫画の様相を呈す。
梅毒を扱ったテーマを描くなど、臭いものに蓋を
しないその描写や心意気が実に清々しい。

火災の多かった江戸が舞台なので、
町火消し(≒消防士)の辰五郎や千吉らの
活躍を描いた物語は印象深い。

この時代のライバル関係に位置する
医学所(蘭方、松本良順)と
医学館(漢方、元えん)らの対立。

完全に悪役として登場する
三隅、ガマ、牢名主【下衆の極み】(勝手に命名)
らが仁をつけ狙う。

幕末ファンのみならず、医療モノが好きな方や
ヒューマンドラマが好きな方には特におすすめ!
文化や風俗などの描写が多く、世界市場を視野に
入れた作品とも言えそうだ。
☆☆☆☆★のおすすめマンガ。全20巻
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。