2010年01月16日

漫画『Pの悲劇』高橋留美子

【Pの悲劇】

団地でペンギンを飼うことになった羽賀家。

ペット禁止を声高に主張する筧さんの奥さんの

目が光る中、預かってしまったペンギンを

何とか隠し通そうとする。しかし、羽賀家には

出来の悪いこどもがいたのでこの秘密を隠し通す

のは至難の業。はたして?


【浪漫の商人】

結婚式場浪漫会館。歴史のあるこの建物は古臭い。

親から譲り受けた建物を守ろうとしていた女性館長

だったが赤字続きのこの建物をたたむことにした。

そんな折に、お人よしだった父に生前世話になった

という老夫婦が訪れ、この場所で結婚式をしたい

との依頼を受けた。残った4人でささやかだが、

最後の結婚式を挙げようと考えた館長だった。


【ポイの家】

角の広岡家は、よくゴミを捨てられる受難の家。

今日も奥さんは、人の迷惑顧みず捨てられたゴミ

を片づけていた。そんな折、特徴のあるゴミ

(民芸品)が大量に捨てられていた。

不快極まるゴミなのだが、最近近所に越してきた

夫の上司の家のゴミだと知る。広岡家は、

ゴミ(民芸品)を買い込む夫と、それを捨てる妻

とのごたごたにまきこまれてしまうのだった。


【鉢の中】

団地に住む利根川家は、10日前にご主人が

なくなり、今日その母が亡くなった。

そして奥さんだけになった。

利根川家の奥さんは、とても評判が悪く

いわゆる悪妻と噂されていた。

本家に帰らなくてはいけないので、鉢植えを

預かってほしいと頼まれた主人公は、

誤って鉢を割ってしまった。そして、鉢の中から

骨のようなものを発見してしまう。

ミステリー調に描かれるぞくっとさせる作品。


【百年の恋】

90歳に大往生を遂げたはずの星野りさだったが

想い残したことがあったのだろう。

蘇った……。


そして、なぜか空を飛ぶ能力まで身につける。

かつて、身も焦がすほどの恋愛をした

(と思い込んでいる)りさは、自分と同じような

恋愛をしている男女の恋を成就させんと

恋のキューピッド役を果たそうとする。


【Lサイズの幸福】

夫の母(義母)と同居することで、資金援助を

受けられ、団地住まいから夢のマイホーム生活!

だから華子は、絶対に義母とうまくやって

いこうと思っていた。


しかし義母の後ろに特大Lサイズの謎の生物が…

あまりのショックに気を失った華子。

気を取り戻した華子だったが、どうやら

謎の生物は華子にしか見えていないらしい。


義母はいいのだ…。しかしこの謎の生物が…。

華子は幸福を掴めるのか?


の6編を収録した高橋留美子短編集。

日常起こりそうな4編と非日常的な2編を収録。

Pの悲劇 (Big comics special―高橋留美子傑作集)

Pの悲劇 (Big comics special―高橋留美子傑作集)

  • 作者: 高橋 留美子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1994/01
  • メディア: −



ラベル:高橋留美子
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。