2009年12月31日

漫画『ラブ★コン』中原アヤ

170cmのリサと156cmの大谷の爆笑必至の凸凹
関西コンビが生みだすギャグまみれのラブコメ。
「LOVELY COMPLEX」略してラブコン。
舞台が大阪なので、登場キャラのほとんどは
関西弁を使い、8割方アホである。
アホの特盛である。アホ満開なギャグ漫画である。

画力的な意味でヒロインが不細工な漫画は多いが
ラブコンのヒロインリサはかわいい。
だが、時にめちゃくちゃブサイクに描かれる。
フナ顔とか妖怪顔とかになる。
特に大好きな恋愛ゲームのケイン様にキュン死
しているときの顔がひどい。ひどすぎるでぇ〜。
この漫画の特徴としては、変な擬音語・用語が
非常に多く、読んでいてテンションが高くなる。
学園ラブコメ関西風味。少女漫画なのに、
ここまでヒロインの顔が崩されたのには脱帽。

〜あらすじや!〜

立ちながら眠れる「大きいのに小泉」こと小泉リサは
舞戸高校に通うノリのよい女の子。
170cmの身長がコンプレックスである。
同じくクラスメイトでノリのよいバスケ少年
「小さいのに大谷」こと大谷敦士とは、
担任ゴリによって【オール阪神・巨人】と命名される。
(こういう些細なことがきっかけで、イジメとか
不登校とかに発展するんやでぇ〜、気ぃつけぇや〜)

毎日ケンカとノリのよいボケとツッコミ
(ノリツッコミまで)をこなしてしまうため
周囲は【仲がいいんだなぁ】と思っている。
だが、本人たちは全然おもしろくない。笑えない。

二人の友達であるオトボケ系中尾平吉と
世話焼きオカン系の石原信子は既に恋人であり、
何かと二人をくっつけようとニヤニヤしている。
秀才ほんわか系のかわいらしい田中千春と共に
リサは恋人がほしいなぁと思っていた。
だが長身・クール・イケメンでキザな男がタイプ!
(ゲームのケイン様や!)という理想の高いリサ。
そんな奴はいない。と思っていたら、夏期講習時に
理想的なイケメン鈴木涼二と知り合いになる。
わかりやすいリサの反応を見て大谷はリサの恋に気づき
「鈴木とリサの仲を取り持つので、
田中さんと自分との仲を取り持つ」ように依頼。
「オール阪神・巨人」を卒業しよう!と目論むのだが
どうやら田中と鈴木はお互いを強く意識しているようだ。
信子と中尾に二人をくっつけてやろう!と言われたリサは
複雑な想いを抱きながら、それを聞いていた。

結局失恋したリサと大谷は、ややマイナーなラッパー
「海坊主」の大ファンという共通の話題で意気投合。
趣味も同じで、ノリも同じ、お互いにええやつ同士と知り
友達として仲良くなる。
「大谷といたら楽しい」と感じたリサは、大谷が好きだ
という気持ちに気づく。でも元来の男っぽい性格が災いして
うまく気持ちを伝えられない。
大谷はアホの子で鈍感なのでリサの気持ちに気づかない。
身長をコンプレックスに抱える女と男の恋愛は
一体どうなっちゃうのか?
恋愛ってノリだけで乗り切れるのか?


【口にお菓子を詰めても起きないアホな二人】

とにかくおもしろい漫画である。
多分作者と笑いのツボが似ているんだと思うが。
主役級の登場人物たちの中だと、信子&中尾が
特にすごい「漫才コント(鼻フック)」が、
大人しい鈴木&田中コンビも後半見せ場がある。
(主要キャラの名前は当時の小泉政権のメンバーが由来)

かわいいけど何気に毒舌な聖子に、
「ウザい・キモい・ヘタレ」の「他者三重苦」
(周囲が苦しむという意味で)ナルシスト遙、
イタいけどやさしい「魔法使い」マイティ、
不幸を呼び寄せる小柄な小堀、
よく考えるとKYな神埼さん、
悪役かと思いきや単なるアホだったリサの祖父
(アホな昔話を語る。アホの極みである)などなど
変でアホだけど魅力的で憎めないキャラが多い。
ヒロインのあきらめない精神やトライする大切さ、
キャラクターたちが恋愛などを通して成長していく姿が
コミカルに描かれている。

集英社 マーガレットコミックス。全17巻。

ラブ・コン 17―LOVELY COMPLEX (マーガレットコミックス)

ラブ・コン 17―LOVELY COMPLEX (マーガレットコミックス)

  • 作者: 中原 アヤ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/09/25
  • メディア: コミック




posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。