2009年12月20日

漫画『青山剛昌短編集』

小人探偵ジョージは名探偵!?
って、推理全然やってないじゃないか!
見かけは子供、頭脳は大人の著者が書いていた
このシリーズ。探偵モノと言いながら1作目こそ
強面の黒服と闘うハードボイルド?ものだが、
推理など皆無。小人のオジサンがゴキブリと
闘ったり、小さいお子さんのおもちゃにされたり
する『YAIBA』テイストの冒険活劇モノ。
『探偵ジョージのミニミニ大作戦』シリーズ

年老いた剣士「剣三十郎」は、自らの老いに
ついて桜の前で憂いていた。そんな彼の想いが
通じたのか、彼は一気に若返る。
孫娘道子の危機を知った三十郎は…
『プレイ イット アゲイン』

野球少女「美苗」は、野球の試合中に
昔、巨人の長島がさしたとされるあやしげな
バットにつまずく。きっとすごい力があるに
違いないと思い込んだ夢見る少女は、
必死でバットを抜こうとする。
同著「4番サード」の発想が垣間見える。
「えくすかりばあ」

ひょんなことから、地球滅亡のボタンを
押してしまった高校生「原佳祐」は、
一時的に記憶喪失になり、解除番号を忘れてしまう。
何とか佳祐に解除番号を思い出させようと、
超がつくビップ待遇がされるのだが。
『夏のサンタクロース』

天才少年「高井豊」が発明したのはタイムマシン。
これを使えば、年上の彼女とも同い年になれる!
とさっそく使おうとした豊だったが……

『ちょっとまってて』

私立探偵「北方優作」は、いつものように
19時19分に電話をかけてくる「あの女」から
の暗号を手掛かりに推理を働かせる。

『サンデー19Show-さまよえる赤い蝶-』

青山剛昌短編集 (少年サンデーコミックス)

青山剛昌短編集 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 青山 剛昌
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1994/01
  • メディア: 新書



ラベル:ギャグマンガ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。