2009年12月18日

漫画『スラムダンク』井上雄彦

全国制覇を掲げる湘北高校バスケ部に加入した
赤髪ヤンキー桜木。魅力的なチームメイトや
ライバルといっしょに急成長を遂げ、
全国覇者の最強山王工業にたどりつけるのか?

神奈川県湘北高校に入学した恵まれた体格の
赤髪ヤンキー桜木は、中学時代50人の女性に
フラレたお調子者。
早速、入学直後に同級生の赤木晴子に一目惚れ。
彼女の勧めでバスケ部に加入することにした。
しかし、晴子の兄であり『全国制覇』を志す
バスケ部キャプテン「ゴリ」に嫌われてしまい、
入部もままならない。しかも晴子は中学時代
バスケ部のエースとして大活躍していた同じく
新人の流川楓にあこがれていることが判明。
殴り合いのケンカをした花道と流川は犬猿の仲。

晴子に認められたい一心で桜木は、誠意を示し
バスケ部入部を果たすが、彼に課せられたのは
徹底した基礎練習の日々。不満を持ちながらも
地道に努力を繰り返す桜木は急成長を遂げる。

そして神奈川でも高い実力を持つ陵南高校
との練習試合。素人桜木に出番はあるのか?
神奈川でも最高クラスのセンターであるゴリ、
ポイントゲッターにして1年生エースの流川、
副部長小暮などにより五分の試合をする湘北。
そして、そこで赤木のライバルである神奈川一
デカいセンター魚住、超高校級プレーヤー仙道
らのプレイを観た桜木は試合に出たくてうずうず。

試合後、自分をライバル視してくれた仙道に
大いに刺激を受けた桜木の前に現れたのは、
謹慎処分によりバスケ部を休んでいた
ポイントガードの宮城だった。どうやら
バスケ部のマネージャー彩子に惚れているらしい
宮城と桜木は、フラレ男同士の絆で仲良くなる。
優秀な宮城がチームに戻ったのでチームとして
よりバランスがよくなった湘北。
しかし、シューターとして華々しい過去を持つ
ものの屈折した想いを抱く三井が登場し……。

試練を乗り越えた湘北高校は、県予選において
快進撃を遂げる。名監督安西やゴリによって
結ばれたチームの絆、そして素人桜木の急成長
によって、ライバル校や神奈川の覇者である
海南高校らと死闘を繰り広げる湘北高校は、
全国への切符を手に入れ、全国制覇を果たす
ことができるのか?

 


迫力のあるスラムダンクや、息遣いが聞こえてきそう
な描写力、意表をついた迷セリフや、
胸を打つ名言、魅力的なキャラクター、
見事なまでの脇役配置、
22巻に桜木が見た夢の伏線、
最終巻のセリフなし演出、
そして卓抜されたストーリーが展開される
世界標準・世界屈指の名作漫画。
日本・韓国で最も人気がある漫画であり、
発行部数は一億冊を優に超える。

主人公の「桜木花道」は、井上先生が大好きな
『ドカベン』の岩鬼の名台詞
『花は桜木 男は岩鬼 
打たれてなくもまた花よ』より付けたと推測される。

文句なくおすすめの☆☆☆☆☆漫画。
全31巻。ジャンプコミックス。
完全版全24巻。『あれから10日後』。

スラムダンク (31) (ジャンプ・コミックス)

スラムダンク (31) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 井上 雄彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: コミック



posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。