2009年11月14日

漫画『花ざかりの君たちへ』中条比紗也

あこがれの人の近くにいたいために、
性別を偽り男子校に転校生としてやってきた
美少女芦屋瑞樹のおもしろくも切ない恋心と
人々との学園生活や交流、瑞稀の卒業までを
描いたドタバタラブコメディ―。

「なぜほとんどの登場人物にバレないのか?」
というありえない設定。
そして霊感少年に、変人寮長姫島、空手バカ、
遂には陰陽師まで!!……と登場する
愛すべきおバカキャラたちがストーリーに花を添える。

今時珍しい位に純情な瑞稀と佐野の
ピュアな恋愛は素直に応援したくなり心地よい。



当初4話集中連載の予定だったが、
好評につき愛蔵版(コミックス未収録番外編含む)
は全12巻もの長編になった。

☆☆☆☆。「花君」とも。 花と夢コミックス

〜あらすじ〜

親友ジュリアとケンカしていた芦屋瑞樹は、
日本に来た際にたまたまテレビで見かけた
中学生高跳びチャンピオン佐野泉の跳ぶ姿を
見て勇気づけられ、ジュリアと仲直りできた。
同時に泉に強いあこがれを抱き続けていた。
「努力はきっと報われる
後は自分の力を信じるだけ」
という雑誌に載った佐野のことばが
いつも瑞稀をはげましてくれた。



そして遂に昂じた想いは爆発。
家族をだまし、泉の通う全寮制の男子校
私立桜咲学園に単身乗り込んできた。
アメリカ育ちの瑞稀は、泉にダイレクトに
『好きです お友達になって下さい』とかまし
泉やクラスメイトからホモ扱いされてしまう。
そんな中、たまに神奈川弁が混じるあやしい
真実一路な天然ボケ関西人「中津秀一」には
えらく気に入られる。

又、瑞稀たちが生活する第2寮の女たらしの
寮長難波南と出会ったり、
自他共に認める学園アイドル中央千里に
ライバル視され因縁をつけられたり、
ゲイの校医梅田に男だと見破られたりする。

佐野と同室であることを知った瑞稀は
内心すごくうれしかったのだが、
佐野が高跳びをやめてしまっていたことを
知りショックを受ける。
佐野に前のように高跳びをやってほしい!
と思った瑞稀は持ち前の明るさとしぶとさで
佐野が再び高跳びをするように猛アピール。

瑞稀の佐野を想う熱意が通じたのか佐野は
再び高跳びをする決心をするのだが、
ケガの後遺症に悩む佐野はかつての自己記録
を大きく下回る高さにも苦戦する。
唯一、佐野に負けている現高跳びチャンピオン
神楽坂は佐野にはっぱをかけにやってきた。

そんな中、瑞稀に恋をしてしまった男が一人。
中津である。「オレはホモやない」と必死に
否定しながらも、瑞稀がかわいく見えて
仕方がない中津。
まぁ瑞稀は実際は美少女だしね。
途中からは、ホモでもいいやと男らしく?
その感情を認めてしまう中津は、
瑞稀が佐野をはじめとした男たちと仲良くして
いると嫉妬にかられ暴走の度合いを増す。

なぜか瑞稀をかばうかのような保護者的
スタンスを持つクールな佐野と
江戸っ子べらんめぇ口調の帰国子女瑞稀、
そして天然佐野の三角関係?が生まれる。



その後、学園や学園外に巻き起こる次々の
事件や三人を中心とした成長劇が展開。

白熱の桜咲祭(体育祭&イロモノ文化祭)や
モデル体験、修学旅行、ダンスパーティー、
そして瑞稀の正体がバレる危機などが起こる。

それにしても瑞稀ちゃん。
あんた本当に覗き見と盗み聞きが多すぎるぞ。
あと人の問題に次から次へ首をつっこみすぎ。
そして、自分の正体を隠さなくちゃいけないのに
油断しすぎだ。

花ざかりの君たちへ 1 愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)

花ざかりの君たちへ 1 愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 作者: 中条 比紗也
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2007/06/19
  • メディア: コミック



posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。