2009年10月29日

漫画『邪眼は月輪に飛ぶ』藤田和日郎

【眼で見た生き物をすべて殺す】という死神
フクロウ「ミネルヴァ」。時速340キロで大空を
飛び回り、絶対的支配者として東京を死屍累々の
地獄絵図に塗り替えるまさに「悪魔」。
直接でなくても、テレビなどの電波を媒体にして
その呪われた眼を間接的に見ると即死。
被害者は420万人……。

絶望的な状況の中で、日米両軍は
我が物顔で空を翔けるミネルヴァに立ち向かう。

13年前に多くの犠牲を払いながら、この死神を
仕留めた伝説のマタギ(猟師)「鵜平」、
不思議な力を宿した鵜平の娘の祈祷師「輪」は
CIAのエージェントであるケビン、
デルタフォースのマイクらと共に
大切な人を奪ったミネルヴァに挑む。

鵜平と輪につきまとう「わだかまり」と
決して消えることのない「愛」。

戦ったことで大切なものを失い後悔する者と
逃げたことで大切なものを失い後悔する者

大切なはずの仲間までも死に至らしめてしまう
死神ミネルヴァの【自己矛盾】(≒人間)
を描き、作品としての深みを与える。



迫力のあるミネルヴァの飛翔シーンや
カーアクションや、戦闘機からの迎撃シーン
など見所満載!やはり藤田先生はすごいや。

☆☆☆☆のおすすめ作品。
小学館ビッグコミックス。


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 藤田和日郎『うしとら、からくり』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
藤田信者のわたしが通ります!

邪眼もちろん持ってます。スプリンガルドも面白いですよ〜

>スプリンガルドは知らないですね〜
 読んだら感想書きますね!
Posted by ペコ at 2009年10月29日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。