2009年09月23日

漫画『クレヨンしんちゃん』臼井儀人

【桜田ネネ】

わがままで歪んでいるしんのすけの女友達。
詮索大好き(特に恋愛話には必ず顔をつっこむ)
自己中、凶暴、人の弱みを握って人心掌握する、
ストレスが昂じるとウサギの人形を殴るのは、
カマトトぶった二重人格の母親譲り。
趣味は「リアルおままごと」で、殺伐とした
イヤな設定のおままごとが展開される。
大金持ちで自分と性格が酷似したお姫様体質の
酢乙女あい(漫画的超大金持ち)は天敵。
しんのすけと並ぶトラブルメイカー。
おにぎり頭のマサオ君は、すでに下僕扱い。
しんのすけたちは「恐怖政治」によっていやいや
リアルままごとにつき合わされている。
初期は、ちょっとわがままな女の子だったのに
途中からどんどんおかしくなっていった。

【風間トオル】 

しんのすけの大親友。(しんのすけ談)
実際は、しんのすけの一番のからかい対象であり
耳をかむなど執拗に変態的な愛情表現を受ける。
まじめ、勉強熱心、向上心が高く、しんのすけと
対照的な性格。スポーツ万能、リーダーシップを
併せ持つ完璧超人。SFの未来では東大生。
しんのすけによって被害を受けることも多いが、
なんだかんだ言ってもずーっと友達である。
エリート意識の強い、自慢好きの嫌な奴という
初期のスタンスから人間的にも優れたキャラに成長。
問題児の暴走を軌道修正する役目を担う。
不思議魔女っ子マリーちゃんの隠れ大ファンだが
自分のイメージを守るためにそれを必死で隠す
姿は読者の笑いを誘う。
お母さんは、教育ママでありかなり厳しい。
赴任中の父は、社交的で気さくなエリート。
「僕の友達は心がエリートです」

【マサオ君】

平凡な泣き虫いじめられっ子。
几帳面な性格、小市民。まとも。
ネネ、しんのすけに振り回される立ち位置。
あいちゃんに恋して、すっかり骨抜きにされる。
病的なまでに整理整頓をする姿を描いた回があり
ちょっとシュールな仕上がりに。
弱っちいフツーの小市民マサオ君が頑張る姿に
感動する人も多いのでは……。
ちなみに、マサオ君の母の顔はいいかげんであり
あまり似ていなかった初期の顔は、途中から
マサオ君そっくりな別人顔に変わっている。
整形したの?まさに劇的ビフォーアフター。

【ボーちゃん】

ほとんどしゃべらないキャラだが、人気が高い。
ときに的確な判断を下し、重みのある発言する。
しんのすけといっしょに跳ぶ人のいない長縄を
延々と回していたりする。
多分しんのすけと最も波長の合うキャラだろう。
存在感が薄いので、気配を消すのがうまく、
それを利用する場面も。
鼻から垂れた鼻水がキュートであり、
それを題材とした回がある。
>鼻水を拭いてくれた松阪先生に恋をする。
>鼻水がでなくなっちゃった。
珍しい形の石集めが趣味。
特技は鼻水芸。職場体験にやってきた自分と似た
中学生に強いシンパシーを感じ友達になった。
ボーちゃんのお母さんだけは、しっかり登場して
いないので、髪型と輪郭だけしかわからない。
ちなみに母からも「ボーちゃん」と呼ばれていた。

一言メモ
 
・野原一家は、埼玉県春日部市の名誉市民。
 メキシコ移住中(2015年現在)
・ネタに困るとドラえもんネタを行う。
・しんのすけのキャラは少しずつ移行している。
初期のしんのすけと後期(現在のしんのすけ)の
性格は明らかに違う。妹ひまわりの登場や、
時代の変化に応じて少しずつキャラチェンジ。
・1、2巻には顔が違うしんのすけが描かれている
回があるが、その回のおもしろさは秀逸。
特に、給食の回とバスの出来事を描いた回。
顔が違う第一弾は、園長(仇名は組長)出現。
しんのすけの「地上げ屋だ」
風間君の「地価高騰の波が、この幼稚園にも」
の問題発言に傷ついた園長は男泣き。
・埼玉の地名からとった人物が数多く登場する。
 例)行田、深谷、上尾、川口……。

臼井先生のご冥福をお祈りします。
お疲れ様でした。
そして笑いと感動をありがとうございました。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひろしとみさえがセックスしようと頑張るんだけど、寝ぼけたしんのすけにことごとく邪魔されて結局朝までプロレスごっこしたって話が忘れられない。

>やけくそのプロレスごっこですね。
 
 最初見た時幼すぎて、意味がわかっていなかった。
 元々クレしんは、大人向け漫画だったからね。
 同級生とかによっては、そのページだけ親に切られて
 いたりしたらしいから、まぁ苦肉の策だったのだと。
 
 そういえばひまわりが生まれた後、
 おんなじタイプのネタあったね。
 こどもはね、しあわせな家庭にだけ生まれるべきだと
 私は思います。
Posted by ペコ at 2009年09月24日 22:27
面白かった。

>何よりの褒め言葉ですね。
Posted by くれよん at 2012年07月15日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。