2009年09月13日

漫画『動物のお医者さん』佐々木倫子

大学の獣医学部生ハムテルと犬のチョビの
運命的な?出会いを通じ、猫、馬、ネズミ、
羊、牛、サル、カンガルー、モモンガ……
とラブリーな動物たちとの生活を描いた
動物好きには特におすすめな物語。
動物たちとのおもしろエピソードや
獣医をめざす学生たちの成長と苦労、
トラブルメイカー教授との笑える戦いなどを
独特のテンポと世界観で描いた動物モノの名作。
巻末ページの作者の作品の構築過程や生活、
動物たちとの出会いなどを描いた
「Making of 動物のお医者さん」
もおもしろい。

舞台は雪国北海道。
親友二階堂と共に受験の下見にきたハムテルは
犬の赤ちゃん(シベリアンハスキー)を
H大学の漆原教授に半ば強引に押し付けられ、
「君は獣医になる運命」とのご託宣を受ける。



ほんまかいな?と思いながら、チョビ(メス)を
育てるハムテル。見事合格を果たしたハムテルと
二階堂は、教授の予言?通り獣医の道を進み
動物のお医者さんになろうと奮闘。

血液大好き、スローテンポ、不気味な雰囲気を醸す
鈍感な低血圧変温人間菱沼(一応ヒロイン?」)や
アフリカ文化をこよなく愛し、ハムテルたちを
振り回す大雑把で派手好きトラブルメイカー漆原
らとの愉快で飽きない学園生活を送るふたり。

よく廃屋と間違えられる自宅では、
はんにゃのような顔をしながらも大人しく
心優しいラブリーなチョビや、
デリカシーのかけらもないわがままな祖母、
チョビの教育係である姉御肌の猫ミケ(関西弁)
庭を我が物顔で歩き回る乱暴者の鶏ヒヨちゃん
らと共に騒がしくも楽しい毎日を送る。

暴力的な表現や、エロい内容皆無のほのぼのとした作風は
幅広い年齢の方におすすめできる。
チョビ、ミケらがセリフをしゃべる姿も愛らしい
動物漫画の最高傑作。
白泉社文庫全8巻。



20090529185834.jpg



『ハムテル&チョビが挑戦した犬ぞりレース』
優勝の栄冠を勝ち取れるのか?
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:18| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐々木先生は北海道の誇りです。

チャンネルはそのまま!オヌヌメですよ〜

>菱沼は、雪の中にズポッとはまります。
 そんで、通行人とかに引っこ抜いてもらいます。
 ダイコンみたいに。
Posted by ペコ at 2009年09月14日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。