2009年08月30日

マンガ『スーパーパワー編 藤子・F・不二雄短編集』

小池さんは、人一倍正義感の強い性格で、
いつも堕落する人間・社会を憂いていた。
「僕に超人の力があれば……」
と夢見る小池さんは、ある日
スーパーマンそっくりの力を身につける。
究極の力を手に入れた小池さんは、
「正義」の名の下に「小さな悪」も見逃さず
力を行使するのだが……。
(「カイケツ小池さん」)

「句楽兼人」と名乗り、「正義の味方」として
大暴れする小池さん。
強大すぎる力を有し「歪んだ正義感」によって
暴走する彼は、「核」攻撃すらも効かない。
自覚なく悪人に成り下がった彼の行動は
エスカレートするばかり。
「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」

地球を創造する創造主になる。つまり神になる。
不思議な男に出会った加美は、UFOの模型の
ような謎の物体によって地球を創造していく。
よくできたおもちゃのようなものとして
ゲーム感覚で地球を作っていた加美だったが、
そこにはとんでもない落とし穴があった。
「創世日記」

小学生の息子がスーパーマンかもしれない。
近所で起こる正体不明の「通り魔」として、
次々とケガ人を出しているのは息子のしわざ
ではないか?父には、なんとなく予感があった。
汚れなき正義感は、ある意味で実に性質が悪い。
「わが子・スーパーマン」

など全7編を収録。
ラベル:藤子不二雄
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 ふっかちゃんの中の人
 ではない…けっして…。
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。
 マンガのソムリエは
 乃木坂と箱根駅伝を
 応援しています。