2009年08月17日

漫画『へび少女』楳図かずお

しのばずの沼にいるうわばみ(蛇)の主を
村人の中村利平が鉄砲で撃ち殺し、
その後別人のような顔で死んでしまった。
それは「へびの呪い」だったのか?
それは誰にもわからない。

村に伝わる話を祖母から聞いた二人の姉妹の
姉さつきは、利平が親友の洋子の祖父と知る。
恐ろしい思いを抱きながら、
祖母に頼まれたお茶をとりに行くさつきは、
自分を見つめる不気味な一つ目に気づく。
そして雪が降る夜中、片目を隠した不気味な女
が訪ねてきた。

凍えた身体を温めながら、中村の家を尋ねる女。
家を出た女に恐怖を感じながらも、
洋子を心配する姉妹は女のあとを追うのだが、
恐ろしい悲鳴を聞いて……。
『へび少女』

告白した男から「太っている女は嫌いだ」と
言われた女子高生友子は、
ほとんど食事を摂らずダイエットに成功。
しかし、抑圧された食欲は思わぬ形で爆発する。
6ページの短編だが、非常に印象深い作品だ。
『絶食』

「百物語」を楽しんでいた女子高生たちは、
ついに100個目の怪談話に突入。
百物語は百個目の話が終わったあとに
怪異が起こるといわれる。

瞳は、自らの体験した親友多加子と結んだ
「片方が心臓の病気になった時 
片方が死ねば心臓をあげる」(心臓移植)
の約束を語る。冗談のはずだったその約束。
だが、瞳が本当に心臓の病気でしかも
非常に悪化していることを多加子に告げたことで
多加子は「本当に自分が死んでしまうかも」
と恐怖を抱くようになる。
そして、悪い不安は的中してしまう。
グロテスクで、直球勝負の楳図かずおホラー。
『うばわれた心臓』
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 楳図かずお(うめずかずお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へび少女懐かしい・・・。こないだ赤んぼ少女の映画観ました。

『絶食』気になりますね。短編ホラー大好き。

>ペコさんへ

 タマミは見ていないんですよ。
 絶食は…言わない方がいいですよね。
Posted by ペコ at 2009年08月17日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。