2009年08月10日

マンガ『LIAR GAME roots of A』甲斐谷忍

プロファイリング。
犯罪捜査において心理学的、科学的なアプローチ
から犯人像を指定する手法だ。
「ライアーゲーム」の主役の天才詐欺師秋山は、
大学時代のゼミで、ゼミ教授丘辺の出した
手紙の差出人の人物像を特定せよ!
という難問に挑む。
ヒロインお人よしナオも、ちょこっとだけ登場。

『LIAR GAME roots of A』

高校は二週間と続かず、仕事は三日と続かない、
遊ぶことだけ人一倍で、借金まみれ…
唯一の特技はダーツのみ。
そんな椎原ミノルが勧められた仕事は、
ミドリ病の隔離施設での雑用係。
ミドリ病…目、髪が緑色になる架空の伝染病。
隔離施設では、ミドリ病患者が管理者から
人権を無視した不当な扱いを受けていた。

絶望感と負のオーラが漂うそんな施設の中で
ミノルはキサラギキョウと出会う。
キョウの「ダーツ」の素質を見抜いたミノルは
大嫌いな偏見や差別をなくすために、
隔離施設の所長にダーツ勝負を挑む。

『ナインダーツ』

100%人の未来を占うことができる。
それがサンソウ(三相卜術)の後継者である
伝説の占い師桐生飛鳥だ。
突如姿をくらました桐生を求める者は多い。
「鉄の女」と呼ばれる女社長の佳織もその一人。
だが見つからず汚い格好の占い師に見てもらい、
事実と全然違うことを言われる。
しかも、なぜかその占い師につきまとわれる。
未来が占えたとして、それが本当にしあわせに
つながるのか?そんな疑問を投げかける物語。

「サイソウ 禁断の占術」

一目惚れ(ひとめぼれ)。
雌雄を有する動物は、優秀な遺伝子を残そうと
最高のパートナー求めDNAで惹かれあうという。

自分にとって晴香は、不釣り合いなほどの彼女
だと自覚するヒサシだったが、
ある日「運命の相手を斡旋する」と謳う
「ラヴァーズ」という恋人紹介サイトを発見。
「最高の相性」という煽り文句を見たヒサシは
試しに登録。
そして相性99.9%のサツキという女性を発見。
とまどいながらメールを送ってしまうヒサシ。
ヒサシの運命の人は誰なのか?

「@ラヴァーズ」」
ラベル:甲斐谷忍
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。