2009年07月25日

マンガ『ケロロ軍曹』吉崎観音

カエル型宇宙人ケロロ軍曹は、
地球征服をもくろむ侵略小隊の隊長である。
しかし、侵略どころか忍び込んだ日向一家にて
あっさり捕虜に…温情により居候として同居。

オカルト少年日向冬樹とは、
いつわり?の友情を築き、
じゃじゃ馬少女日向夏美とは、
見えない壁(ATフィールド)?を築き、
マンガ雑誌の編集の仕事をこなす日向秋とは
主従関係を築く。
(秋の方が当然、主(あるじ)である)

また、各地に散らばったケロロ小隊のメンバー
(計5人)は、それぞれ自分の個性とあった
(よく似た)パートナーを見つけ同居。
(ただし、ギロロだけは異なる)。
それぞれ「信頼」を結びながら生活を共にする。

「地球侵略」という使命と「友情」の狭間に
揺れながら、遅々として進まない地球征服。
その原因として、ケロロらと敵対する宇宙人や、
暴走をとめる宇宙警察の存在、
地球防衛最強ライン夏美と意外な冬樹の活躍や、
ケロロたち自身がどこかで地球侵略自体に
迷っている(面倒くさがっている、情が移る)
ことなどが複雑に絡み合っている。

基本的にはパロディーネタを多様した
ドタバタコメディーで、
軽いエッチシーンの多いギャグマンガなのだが、
ほのぼのとした感動系・萌え系要素も多く、
マンガマニアから大人や子供と幅広い世代が
楽しめる要素が多いおすすめマンガである。

評価は☆☆☆☆★。29巻〜 20巻は大長編





〜登場人物・宇宙人 紹介〜

 
 

「クルル、ギロロ、ケロロ、タママ、ドロロ」
(左から)


ケロロ軍曹(主人公)

隊長でありながら、人望なし、やる気なし、

きまぐれ。侵略よりも掃除などの家事が得意で、

ガンプラをこよなく愛する緑色のボケガエル。

ゲーム、バイク、カラオケなど遊びに目がない。

学校の時間割(妄想の中)では

「木曜日はガンプラの日」。

ドジでズッコケキャラで基本的に弱い。

天敵は夏美。

居候という立場も含めてオバケのQ太郎や、

のび太っぽい。

表面的には日向家に従っているが、

隙あらば暴走する「反逆精神」を持つが

基本的に怠惰な性格で平均的・中立的キャラ。

腹には隊長の証「ケロンスター」が光り輝く。

「〜であります」などに代表される

軍隊式しゃべり方や九州弁や名古屋弁などの

なまりが口をついたりする。(父が九州弁)

怒りすぎると「ろくでなしブルース」の主人公

のように呂律が回らなくなることが特徴。

笑い方は「ケロケロケロケロ……」。



タママ二等兵

見た目のかわいさやしゃべり方からは

想像できないほど腹黒さと底意地の悪さ・嫉妬心

自信過剰を併せ持つ「多重人格」(二重人格)の

ナイスキャラなクロガエル。

たちが悪いことに本人に自覚なし。

「おたまじゃくし」の造詣通りキレやすい

こどもポジション。腹には「初心者マーク」。

ケロロにあこがれている(タママはホモだ)。

声に出さず、辛らつな考えをしていることも。

おかしとマンガをこよなく愛する武道家であり、

北斗の拳のケンシロウっぽいポージングをする

ことが多い肉体派であるが、性格や発言は

北斗の拳の悪役に近い。

先輩・後輩に対するけじめが強く、

年下には先輩風を吹かす傾向があり

実は「独裁者的性格」を併せ持った暴走王子。

片手で1トンのカサを持ち上げるほどの

怪力の持ち主だが活躍する機会はほとんどない

「やられキャラ」。

最強奥義はDBの「元気玉」を模した「嫉妬玉」。

笑い方は「タマタマタマタマ……」

世界経済の半分を支配する西澤グループの

二重人格少女西澤桃華と仲良くなり、

大好きなおかしとマンガに囲まれた

ぜいたくで有り余る生活をエンジョイしている。



ギロロ伍長

いつも怒ったような顔をしている、

軍人気質のケロロの幼なじみ。

「義」(義理人情)に篤いガンコじいさん系。

武器・銃の名手で手入れをしていることが多い。

腹にはベルトを締めており、

武器の精度に影響を及ぼす。

眼光鋭く、侵略に関して一番熱心なアカガエル。

だが夏美に本気で惚れてしまい、彼女に危害が

及んだり、彼女に近づく者に対して

過剰なまでの嫉妬の炎を燃やし、

恐ろしいまでにハードボイルドラヴを貫く。

夏美を守ろうとすることで結果的に

地球侵略の妨げになることが多い矛盾キャラ。

夏美を想うあまり熱を発する様は、

まさにハードボイルド?

ツンデレ・不器用…その見た目のギャップと、

曲がったことが大嫌いな性質から

管理人は一番ギロロが好きだ。

笑い方は「ギロギロギロギロ……」。

日向家の庭にテントを張り生活をしている。

なぜか「焼き芋」を焼くのがうまい。



クルル曹長

陰湿・陰険・陰謀、裏切り…辛口発言の多い

「嫌われ者」のキイロガエル。

ケロロ小隊の参謀役であり、

コンピュータによる防衛・侵略・情報操作など

を得意とするカレーと音楽を愛する電波系。

会話の語尾に「く〜っくっくっく」

という不快な笑い声がつくという

「いかにも」な嫌われキャラ。

腹には、「うずまき」。

ある意味では最高の能力を持ちながら、

「嫌がらせ」と問題発言・行動で自軍の本部

から睨まれているため曹長に降格。

「不快電波」(超音波)を駆使して対象者を

倒すことも可能。

「コノゴロハヤリノオンナノコガン」

「ワタシガダレヨリイチバンガン」

「ジンセイガニドアレバガン」

「オトナノカイダンノボルガン」

など発明品に関するネーミングセンスは抜群。

「敵か味方か」?わからない

そのスタンスがおもしろい「諸刃の剣」的

秘密道具をくれるイヤなドラえもんキャラ。

共鳴(みんなで鳴くときは)

「クルクルクルクル……」と笑う。

芸能人である623(むつみ、イタい詩人)

とは電波仲間であり、波長が合うらしい。



ドロロ兵長(ゼロロ)

地球の自然をこよなく愛するケロロ星最強の

アサシン。すごく強い。

存在感のない「忘れられキャラ」のアオガエル。

ケロロとギロロの幼なじみであるが、

同じ隊でありながら案の定すっかり忘れられ、

7巻まで登場しない。腹には、手裏剣マーク。

性格は温和・大人であり、

他のキャラを諌めたり、諭したりする立場。

地球侵略どころか、自然を愛する彼は

ケロロたちの侵略を阻止する立場に。

ちなみにゼロロの登場によって、

ケロロ小隊独占超・必殺技

「ケロニカル・クラッシュ・チェイジング・

 クリスタル・スラム・ダンク」が使用可能に。

夏美に禁断の恋をする忍者の小雪といっしょに

暮らしている。

鳴いたことはないと思うが鳴くとしたら多分

「ドロドロドロドロ……」。(嫌だなァ)

静かに涙を流す絵の方が、ドロロには

しっくりくる。由来は「どろろ」だろうか?



日向冬樹

オカルトマニアの小学生(すぐに中学生に)。

オカルトに対する知識と理論構成や探究心が

すごい読書家でありインドア派。

おとなしめの成績・運動能力ともに平均的な

凡キャラだが、宇宙人に対する順応力や寛容で

偏見を持たない海のような懐の広さなどには

舌を巻くある意味大人物。

人間・宇宙人に限らず異性に好かれるのは

その人柄ゆえか?

マジで怒ると夏美すらも手をつけられないほど

怖い。得意技の怪談話には、定評あり。



日向夏美

ケロロと肩を並べる物語の主人公(ヒロイン)。

見た目のかわいさとは裏腹に、小学校時代

「女ジャイアン」の異名を持つほどの

暴れっぷりだった。

その能力はケロロたちの暴走を食い止めるために

遺憾なく発揮されている。

成績優秀・運動能力も高く・ナイスバディの母の

遺伝を受け継ぎ、校内には女性ファンが多い。

ケロロたちの暴走や宇宙人との抗争に

巻き込まれるなど不幸に遭遇することも多い。

ケロロたちに対して残虐な仕打ちをする反面、

粋な気性、さっぱりした性格から尾をひかずに、

たまにやさしさ・あたたかさを垣間見せる。

幽霊、ホラーに弱く、なめくじが大嫌い。



アンゴル・モア

恐怖の大王の娘。

このマンガ最強技「ビッグバン」を使える。

見た目は高校生ギャル風。

しゃべり方に特徴があり、語尾に

「てゆーか○○○○」

(○○○○の部分は、大半が四字熟語)と付く。

ケロロに惚れ、「おじさまラヴ」を貫くため

嫉妬に狂うタママに目をつけられているが、

鈍感なため気づかない。

性格がメチャクチャよくケロロの手伝いを

したり、参謀役クルルのサポート役にまわる。

怪談をY談(猥談)と勘違いする

というナイスボケを炸裂する。


〜擬音語〜

「ベロブラーン」

「ギッコンバルタン ギルコンバルタン」

「ぺしりっぺにん」など特徴的な擬音語が

多々登場するのもこの漫画の特徴だ。



〜パロディーネタ〜

この作品はマンガに詳しいとより楽しめる

要素が多い。

特に「ドラえもん」を題材にした

パロディーネタが非常に多いので熟知していると

ニヤリとできることが多いはずだ。

他にもわかっているだけでも

「新世紀エヴァンゲリオン」「ドラゴンボール」

「奇面組」「ジョジョの奇妙な冒険」

「うる星やつら」「まんが道」「北斗の拳」

「MONSTER」「あしたのジョー」「ガンダム」

「スラムダンク」「怪物くん」「アンパンマン」

「カイジ」「さすがの猿飛」

などのパロディーネタがあった。


また「アルジャーノンに花束を」(小説)や、

「時をかける少女」(小説)と思しき内容もあり

マニア心をくすぐるツボをよく押さえている。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケロロと夏美が入れ替わる話が好きです。

>オレがアイツでアイツがオレでの話ですね。
 
 ケロロが夏美の身体で、珍しく活躍するあの話ですね。
 元ネタはパーマン。
Posted by ながさき at 2009年07月26日 12:56
ギロロが好き

>ギロロはよいですね。
 
 クルルのような嫌われ者はギャグ漫画には
 かかせません。ドラえもんのスネ夫的なキャラ。
 あと発明キャラ。ネタを作りやすくなるので。 
Posted by ペコ at 2009年07月27日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。