2009年07月16日

【最後の晩餐】

人類の滅亡が決定し、
周知の事実のとき最後に何を食べたいのか?
という命題はよく話題に挙がる。
いわゆる最後の晩餐だ。
あなたは何を挙げるだろうか?



日本人は寿司が好きな方が多い。私も大好きだ。
私としては「久兵衛」の寿司を食べたいと思う。
もちろん今までに食べたことはない。
しかしこの欲望には、多くの壁が立ちふさがる。

まず久兵衛の職人の気持ちだ。
「人類が滅亡する」という状況で、
「他人の為に寿司を握ってやろう」という
心意気マインドがなければ、願いは成就しない。

そして次に流通ルート。
これが確保されなければ食材自体がそろわない。
漁師さんや流通が機能しないと話にならない。

仮に両方が成立しても、「同志」が多ければ
自分の口に寿司が入るのかどうかもわからない。

基本的に最低なのは、「同志」が「うまいなぁ」
と満面の笑みで舌鼓をうっている姿を見ながら、
散々待たされて、自分の前でネタが切れてしまう
という事態だ。最後の晩餐どころか
「飯食わずに死ぬ」という可能性すらある。
お預けで待たされる犬よろしく生殺しなんて。
いやだ。絶対やだ。矢田亜希子が
しょっぱい結婚したとき位いやだ。
「笑点」で、30年に感じられる30秒ほどの
山田のあいさつ位いやだ。

絶対間違いないのは、家でカップラーメンを
食べることだ。
味にムラがないし、イレギュラーも起こらない。
最後の晩餐がカップラーメンは悲しすぎるって?

そう思う方は、ホントに食べたいものを
今のうちに食べておくべきだ。

私が本当に食べたいものは……
『君の手料理だよ』と言える人(言ってくれる人)
を大切にすることだ。

最後の料理をいっしょに食べてくれる人を
大切にすることだ。
見えないものが最高の調味料なのは人類共通の妙味。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。