2009年07月09日

漫画『さよなら絶望先生』久米田康治

「絶望した。○○に絶望した。」が口癖の
超ネガティブな高校教師「糸色望」(絶望)先生と、
親の期待をことごとく裏切っている問題児たちの
交流を描いた学園モノ。
本当に教育現場にふさわしくない縁起の悪い
名前の持ち主である。
でも、絶望先生にはオチがないことが多いので、
ある意味では縁起がいい。

共学だが、基本的に名前があるキャラは女生徒が多く、
サービスショットが多いのは少年誌の宿命か?
常月まとい(ストーカー少女)、日塔奈美(人並み)、
音無芽留(音なしメール)、藤吉晴美(腐女子)、
三珠真夜(見たままよ)、木津千里(きっちり、粘着質)
などキャラのネーミング・性格は「奇面組」的
ダジャレで構成されている。
話ごとの扉絵は、名作文学や古典をもじったものが多い。

思想的に危ないネタや身内ネタ、パロディーネタ、後ろ向きなネタ
一部の人にしかわからないマニアックなネタが多い
という久米田節が炸裂。作風は前作「かってに改蔵」に近い。
また稀に「改蔵」の改蔵、羽美、地丹が登場する。

カバーの装丁が凝っているせいでページ数が少ない!
自身の「生前葬」の話をする、小学館に対する愚痴を語る
などなど「らしい」作品として仕上がっている。
講談社、少年マガジンコミックス 全30巻
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。