2009年06月30日

漫画『育ってダーリン』久米田康治

高校一年生の若妻と結婚したのは小学校五年生?
新感覚ラブコメディー?の着地点は?

女子高生の羽留うらら(はるうらら)は、モテるものの
軽薄でちゃらちゃらした男どもにうんざりしていた。
そんなうららに、「許婚」(いいなずけ)がいることが判明。
どうやら戦場で意気投合した祖父同士が勝手に孫同士を
結婚させる約束をしていた。なんだかんだで気になったうららは
「少年のような心を持つ」という相手に会ってみることに。
しかし、相手は小学校五年生の坂本冬馬(さかもととうま)。
……少年だった。

冬馬を子ども扱いするうららだったが、
「何年かしたら、オレは、男らしい男になるんだ!!」と
豪語した冬馬。
「理想の男がいなければ、理想の男を育てるまで!!」
となぜかその気になったうららは、とうまと同棲生活をはじめる。
都合よく旅行に出かけてしまいいなくなる、とうまの両親。

はたして、小学生と高校生のカップルは見事成長し、
愛を育んでいくのか?

この漫画何がすごいって、お蔵入りされていて久米田先生も
「できれば世に出てほしくなかったです」と述べる一品。
6年間の空白後、ラスト40ページほどは新たに足されて書かれた
ため「絵柄」がガラリと変わります。
「かってに改蔵」の初期の絵柄と後期の絵柄位違います。
もっとすごいのは、作品のほとんどは初期の絵柄なのに、
表紙は後期の絵柄なので「面くらい」ます。
内容としては、久米田先生の持つ「毒」性の薄い善良な作品。
なんかいい話とかが多いのが特徴。

「かってに改蔵」とか「さよなら絶望先生」とかの毒の部分が
好きな方にはおすすめできない作品に仕上がっています。

巻末には「地丹式ラブ論」A巻 、「羽美式ラブ論」B巻
「とくべつふろく」が収録。
副題「Grow up my Darling」
小学館サンデーコミックス。全2巻。A巻とB巻。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。