2009年06月10日

漫画『COWA! こわ!』鳥山明

いたずら大好きなおばけの子パイフーとそのともだちホセは、
小さな村(こうもり岬)で人間やブタといっしょに暮らしていました。

ある日ふたりは、村で人殺しとうわさされているおっさん丸山さんに
会うという「きもだめし」に挑戦。

「もんだいあるよねオバケもたくさんいるこの村で…
い…いちばんこわいのが人間だって…」(ホセ談)

……確かに。

近所で恐れられているマルヤマさんは、実際に人類最高クラスの
元横綱の相撲レスラーにして中国拳法の達人。
そんな彼が不幸な過去を告白します。
が、身も蓋もない言葉を吐くパイフー……。

その後、パイフーたちの住む村で致死率100%の「オバケ風邪」が
巻き起こります。1ヶ月以内に西のミミズク山に住む魔女の薬を
飲ませなければオバケは必ず死ぬのです(オバケも死ぬようです)。
しかも、ミミズク山には世にも恐ろしいモンスターがいて、
かなりの距離を移動しなければなりません。

困ったパイフーは丸山さんに頼みに行くのですが……。

さぁ冒険のはじまり、はじまり。
絵本風味の鳥山ワールド全快のストーリー。
全1巻。集英社ジャンプコミックス。
ラベル:鳥山明
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。