2009年04月26日

漫画『KATSU カツ』あだち充

里山活樹は、美少女水谷香月に惚れ、
香月の父が運営するボクシング事務に入会。
しかし、香月はと言うとボクシングが大嫌い!と公言。
それもそのはず、元東洋チャンピオンの香月の父はギャンブル狂いで
酒を飲むと暴れる危険人物で香月と離れて暮らす存在。
また、プロボクシング男子で闘いたいと切望し
高いボクシングセンスを持った香月は、
性別の壁から自分の夢が叶わない絶望感から
あえてボクシングを遠ざけようとしていた。

香月に近づきたい一心ではじめたボクシングだったが、
すぐに辞めたくなる活樹とお調子者の友人川上。
ジムの先輩たちの巧み?な作戦によってその気になるのだが……。

また、物語の序盤から度々登場する活樹の父親にまつわる秘密と
因縁の過去。徐々に才能の片鱗を見せる活樹に対して、
香月は段々と自分の果たせなかった「チャンピオン」への夢という
大きな期待をかけるようになる。
活樹自身も、自分に課せられた運命的な出会いや因縁から
本気でボクシングに打ち込むようになる。
香月への恋愛感情が絡んで次々と登場するライバルたち。

あだち充得意のだじゃれやサービスシーン、
ラブコメ要素満載の本格?ボクシングマンガであり、
テンポの良い作品だ。全16巻。
サンデーコミックス。

〜カツ 名言・迷言〜

上杉くん!
あ、ちがった、若松くん
…新見?
――あ、いや大和…
国見くん?
(あだち作品に詳しい方にはおもしろいボケです)

立ち上がった彼は
明日に向かってはじめの一歩を
がんばれ元気よく踏み出したのであったジョー
(ボクシング漫画に詳しければおもしろい)

好きな女の子を自分の力で幸せにするんだ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | あだち充『タッチ、ラフ、H2』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。