2009年04月06日

【需要】

宮城県などでシェルターの需要が高まっていると言う。
皮肉な話だ。

たとえば、銃声が聞こえるような場所では弾丸チョッキの需要が
高まるように、ミサイルないしは人工衛星が飛び交うのであれば
不安に襲われ核シェルターを欲しがる者も出てくる。

北朝鮮が軍事開発を行い、ミサイルをはじめとした兵器・武器が
世界の国々に売られる。危険は増える一方だ。

でもこの図式ってアメリカのしてきたことと似ているのではないか?
国防だとか、世界防波堤だとか叫んだところでそれが嘘くさく
聞こえてしまう。結局元を正せば、世界中のあらゆる国において
(あえてあらゆる国と記すが)過ちが繰り返されてきた事実。
これに起因する。

安全は無料ではない。
が、あえて危険なことや脅威を作り続ける愚か者のために
神経を尖らせたり、いちいち費用を投じたりするのもばかげている。

他にいくらでも心を噛み砕くべき問題はある。
それは身近なことかもしれない。
もっと大きくて難しい問題かもしれない。
私はまず、身近な些細なしあわせの方が大事だと思う。
少なくとも、愚かな国の愚かな政策などよりもまず考えるべきこと、
取り組むべきことがあるはずだ。相手にするから調子に乗るのだ。
だから正しい反応は、
「なんだ。人工衛星なのか」で構わない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。