2009年03月22日

漫画『大阪ハムレット』森下裕美

大阪を舞台に繰り広げられる心温まる人間ドラマは、
悲劇でもあり喜劇でもある。
強い人間なんていないけれど、愚かな人間なんていない!
弱い人間かもしれないけれど、情のない人間なんていない!
と気づかされるヒューマンドラマに号泣した。(特に1巻)

親の再婚問題や、姓同一性障害、年の差カップルなど悩みを抱える
ワケありの人々……。傍から見たら喜劇かもしれないが、
本人たちにしてみたらそれらは深刻な悲劇であって……。
でも、自分らしく生きなければ、それはそれでつらいわけで。

作者は「少年アシベ」「ここだけのふたり!!」など
4コマギャグマンガの名手なのだが、この作品はストーリー漫画
であり、作風がガラリと異なる。
そのギャップと、メッセージ性の強い物語には正直かなり驚いた。
いい意味で期待を裏切られた意欲作であり、おすすめ漫画。3巻。

大阪ハムレット名言
「自分の弱さ 謝って済ますな!」
「せっかく生きとるんや 
男でも女でも生きとったら どっちでもええわい」
ラベル:森下裕美
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。