2009年03月18日

【水着】

2着の水着を着ていたことで世界記録がふいになった
というわかるようなわからないようなニュースがあったわけです。
(水連は、水着は一着までと定めている)

確か北島康介選手だったと思うのですが、
「水着が泳ぐわけじゃない」
とおっしゃっていたわけです。
まぁポケモンのピカチュウの進化じゃないですが、
その内水着もひとりで泳ぐようになるんじゃないですか。
ちなみにポケモンの進化系は、
ピチュー → ピカチュウ → ライチュウ → 喪中 です。
「ねぇ知ってる。ピチューはモチュウ(喪中)なるんだよ」
まめしば〜!

さて、例のスピード水着によって
世界記録が頻発した結果だけをみるのであれば、
あの水着を着けると「速く」泳げるようになるということは
「確か」なことなのかもしれません。
泳ぐのに適した「浮力」があり、「効率的」な泳ぎが可能になる
とかなんとか。あと、水着の締め付けによって快感が……
得られるかどうかは知りませんが、その締め付けによる効果も
「速く」泳げる要素になっているそうです。
(但し長時間着用していると、圧迫されることによる血流の停止、
ひどいときは気絶することもある)

2枚着けたことによって、世界記録が生まれた……
というこの事実だけを捉えるのであれば、
誰しも考えることは、では3枚(またはそれ以上)着けた方が
速いのではないか……ということです。
あぁ絶対「トリビアの泉」があったら、調べてくれたはずなのに
「人間が最も速く泳げるのは○枚の水着で泳いだとき」

まぁ実際の所、水泳は「潜水」が一番速いのですが、
「自由形」とは言いながらこの泳法は禁止されているので
クロール最速が世界一ということに。

しかしマイケルフェルプス選手。麻薬吸引はいただけません。
8冠だけに、やっかんだ人も多いかもしれませんが、
つまらないことをやってその功績が水泡に帰さなければいいな
と思いました。
タイトルに釣られてきた方用。

http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/b/bbsmaster/20080322/20080322163155.jpg
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。