2009年03月07日

漫画『ぢるぢる旅行記 インド編』ねこぢる

過酷なカーストと宗教が根付き、麻薬がはびこるインドを旅する
ねこぢる夫妻。(カースト≒身分制度、職業が完全に固定される)

グロテスクで、きつめの話が多く、楽しい旅行記とは一線を画す。
インドで体験した様々な体験やその風土や人々に対しての
率直な感想や想いが描かれている。

麻薬によってぶっとんだり(インドのある地方では日常使用される)
道端に無造作に遺体が転がっていたり、たくましすぎる物乞いの話、
苦行者サドゥーとの交流など、日本ではまず体験できない話ばかり。

旅行すると「好き嫌い」がまっぷたつに分かれると言われるインド。
とりあえずこのマンガを読む限りでは「行きたくないな」と思った。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。