2009年02月27日

【集中力2】

トイレの洋式化が日本人の集中力の低下を促しているとする説。
そんなバカな……とお思いの方もいるかもしれないが、
この説はなかなか肯けるものがある。あくまで一説だけど。

日本語に「腰を据える」というのがあるが、
和式トイレで腰を据えて(落として)ふんばるのと違って、
洋式トイレにおいては「いきむ」ことができない。
これは思わぬ弊害である。
ラクではあるが、それによって「ふんばりがきかない」のである。
そして私は考える。
汚い話しになってしまい恐縮なのだが、山奥で用を足したく
なったとする。その際に、洋式トイレにならされた現代人は
様式スタイルで用を足そうとする……そのときふと気づくのである。
「あれ。これはできないぞ」と。
たとえば、木などをつかみながらなら可能かもしれない。
まぁそれはそれで大変であるが、片手になってしまいとても不便。
便だけに不便……すまん。忘れて。

まぁ実際にスポーツをこよなく愛する人や、健康志向の人なら
「腰が安定していること」がどれだけ大切かはおわかりいただける
と思う。大半の労働人口が農業を営んできた農耕民族日本人が、
狩猟民族のそれよりも「腰が据わる」のはある意味当たり前だ。
それが崩壊してきたのだとしたら、洋風(洋式化)と言う名の
「毒」による所が大きいな……とか洋式トイレで考えたり。
洋式トイレだと本とか漫画が読めて便利だけど、その分肝心の
用を足す行為自体が疎かになってしまい、これを本末転倒と呼ぶ。
うん、集中力が足りない。便利だけど、不便だね。将来的には。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(´∀`)

日本人プロレスラーは、和式トイレで足腰を鍛えられたおかげで強かった、という話をケンドー小林さんが言っていたような気がします。

>ケンコバさんがですか。レスリング、重量挙げ……
と確かに「適正」な感じがしますね。日テレのプロレスの
中継が終わるそうですね。「Always 三丁目の夕日」とか
「20世紀少年」とかだと、プロレスが結構身近な関心ごと
だったんだなぁと忍ばれます。
Posted by three at 2009年02月27日 19:06
洋式便所のほうが力を入れるべき所にのみ
集中出来るから好きですね。
はみ出す心配もまず無いですし。

…って僕にこんな汚い話をさせないでください!!
ウンコの話はブログでしないようにしてるんですから!!
うん、そう'あまり'しないように…。

>相互リンクしていただいている「キグルミ」のながさき
さん、コメントありがとうございます。

当ブログや「書きものがかり」さんは、「Numeri」とかと
違って下ネタを主体にしてはいませんが、「共通の話題」
なのでやはり話題にはしやすいんです。

紙を渡すと、はみだす位の絵を書いちゃうような子の方が
大物になるきがしませんか?
Posted by ながさき at 2009年02月27日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。