2009年02月11日

漫画『ラブ・マスターX』安野モヨコ

中学生のナオを中心に複雑に絡み合う恋愛漫画。
穢れちまった大人たちと恋を知らない中学生を対比的に描く。
恋って何?心って何?

なぜ人は好きになったり、嫌いになったり心変わりをするの?
教えておじいさん的な物語なのだが、
性描写やきわどい発言、未熟で身勝手な大人キャラが多いのが特徴。
タイトルのラブマスターはゾロアスターをもじったものか?
前半は姓描写やきわどい発言の多いエロ漫画。
後半は恋愛観とか人生とか考えさせられる漫画。
文庫版は上・下巻の全2巻(お買い得)。コミックス版は全3巻。
(文庫版は画像がなかったので、コミックス版の方を載せときます)

中学2年生の野沢ナオは、同じ団地に住む3年の先輩伊丹アラタに
つきあってくださいと告白。一人盛り上がるナオだったが、アラタは
ナオを全然知らなかったし、学校でも美少女として有名なユリナに
恋をしていた。ナオのひたむきな姿勢に
アラタはいつしかナオのことを本気で好きになるのだが……。

そんなナオに恋をする、ロリコン塾講師タケダや、
黒魔術?を操る変態浮遊少年浜松。(浜松は空中に浮いた描写がされ
後にいろんな意味で変態であることがわかる)。
アラタを狙うショタコン塾講師、危なっかしい行動ばかりのセリナ、
芸能界の毒にあてられすっかり穢れちまったセリナの姉、
そして不倫を繰り返すナオの父、覗き趣味のあるナオの祖父
夫の不貞に気づきながら何食わぬ顔で暮らすナオの母……
登場するキャラのほとんどがどこかしら穢れちまった大人感を
漂わせながら動き回る。ストーリー自体はややきつめの展開。

キーパーソンは恋愛関係の鎖に繋がれていないナオの弟てっちゃん。
知らない故に自由で囚われず、発言はストレートにして端的
きつめのストーリーを緩和する意味合いでもこの人物配置はうまい。

恋すると…普段なら絶対しないようなはずかしいこともできてしまう
それは相手を大事に思う気持ちとは違う。(作中より)

結局、恋愛をマスターすることなんてできないんだよな……
ということだと思った。
同著である、「働きマン」「さくらん」
「ジェリーインザメリィゴーラウンド」などもおすすめマンガ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。