2009年02月07日

マンガ『BUZZER BEATER』井上雄彦

2×××年。バスケが宇宙の人々を魅了してやまないが、
世界最高峰の宇宙リーグに通用する地球人はいなかった。
そんな現状を打破しようと大富豪ヨシムネは、
地球規模でバスケ自慢を集め、宇宙リーグ優勝をめざす。
ぞくぞくと集まったバスケを愛するバスケットマンたち。
そこには、契約金1億円に釣られた高速エアー少年ヒデヨシや
巨漢イワン、超人ポイントガードDTら才能に恵まれた人材が溢れた。

そして、選抜メンバーにならんと火花を散らして切磋琢磨。
また、ヨシムネの孫娘チャチェも選抜メンバーに名乗りを上げる。
既に宇宙リーグクラスと言われるDTらに触発されたヒデヨシ、
チャチェたちは合宿において飛躍的な成長を遂げる。
しかしヒデヨシは原因不明の偏頭痛に苦しめられる。

近未来バスケの世界を魅力的なキャラクターとカラーの作画で
描いた絵本形式(右開き)の意欲作。全編カラーで全4巻。

作品に流れるテーマは「挑戦」であり、
不可能だとか無理だとか決められるのは結局自分の心次第だって
ことなんだと思った。

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。