2009年02月03日

「推定無罪と絶対犯罪」

小学生のとき自販機漁りしていた同級生。
すでに立派に働いていますよ。泥棒とかじゃなくて。

「自販機漁り」に対する笑いを交えた考察。
「昨日なんか600円になったよ」
11歳の安藤ナツ(仮名)は、学校が終わってから近所の自販機を
漁りまくり結構な収入を得たようです。
なるほど、彼の金回りがいいのはこんな理由があったのかと
思いました。だからと言って、自分もやろう!とまでは思いません。
いいとか悪いとかの判断はありませんが、自分がしてみたいか?
と言われたら別にしようとは思いませんでした。
それよりもアニメの「ハイスクール奇面組」みたり
ドラクエでもやる方が有意義だと感じたからです。
まぁ後にナツ君は、それを見ていた大人に結構本気でとっちめられた
らしく、しなくなったそうです。いやぁいい社会ですね。
叱ってくれる大人いない社会だったら、ナツ君変な生き方してた
かもしれませんよ。
金を拾っていたナツ君は、社会に拾われたわけです。

警察官に見つかっても、小学生ならおめこぼしされ口頭注意で済みますが
14歳以上なら「拾得物横領罪」とか「窃盗罪」になります。

公道に落ちていて「自分のものでない」と認識しているのなら犯罪。
特にお金とか、換金性の高い商品券とかは、間違いなく拾得物横領罪
になるでしょう。判断能力の違いにもよりますが、一般的に
「捨てられている」ものなのか「落とした」ものなのか、はたまた
「盗まれて打ち捨てられた」ものなのか、「持ち主が確定」できるか
などから判断するわけですから。財布や通帳やクレジットカード、
パスポートや免許証などの身分証明書なんかは絶対届けるべき物。
でもポケットティッシュやチラシとかビニール袋なら免責でしょう。
(箱ごと拾ったらだめでしょうが)。

自販機の持ち主本人だと推定無罪ですが、はっきりしません。
自販機の中に「金貨」とか「金ののべ棒」とかつっこまれていたら
さすがに申告しなくちゃいけないとは思いますが多分レアケース。

簡易裁判の傍聴に出かけ、常習窃盗犯が自販機から小銭を盗んだ
ことも犯罪要件として挙げられていたので、
金銭の高に限らず犯罪でしょうね。
最悪の場合、くだんの窃盗犯のように手錠につながれた状態で
裁判で罪状告げられてしまうことになるかもしれません。

この記事の2つ前に賽銭泥棒との対峙を描いた記事もありますが
仮にそれを見かけたとしても「話しかけない」のが上策でしょう。
警察官とかなら絶対捕まえなくてはいけませんし、現行犯なら
一般人でも逮捕できますが、被害が拡大するおそれがあるならば
それに近寄らないのが上策です。「ドラゴンボール」のビーデルさん
(ミスターサタンの娘。世界チャンピオンのサタンより強い!)
位強いならばともかく、首をつっこまない方が無難でしょう。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。