2009年01月31日

「逆転の発想」

「セコムに加入している家庭は財産がある」という逆転の発想で
逆に被害に遭うケースがあるそうですね。

家宅侵入後、ある一定の時間以内に窃盗と逃走を謀るわけです。
窃盗犯の中には、セコムの警備員とすれ違った……
などと証言する者も。窃盗犯はどんな心境なのでしょうか?
そんなニュースを聞きながら私が思い出したのはですね。
近年いろんな意味で注目を集めているあの花形職業ですよ。
ピンときた方もいますね。そうですね。「自宅警備員」ですよ。

セコムに入っているのに?と首をかしげる方もいるかもしれませんが
いわゆる自宅警備員(≒ニート)を家庭に匿っているわけですから
比較的富裕層だと思うんですよね。いや、我が家のニートを
守るためにセコムに入っているという親心や家族の情愛なのかも。
でもなぜなのでしょう?その情愛は社会的にまず理解されません。
むしろ非難されたり、後ろ指差される始末ですよ。
同じひとつ屋根の下に住んでいるのに……そこに愛はあるのか?

まぁ中にはですね。
ニートと犯罪者がはちあわせなんていう悲劇が生じたり。
ネット依存という生産性のない生き方をする者と
人の財産をくすねるだけの生産性のない生き方をする者。
会ってはならない二人が出会ってしまった。
絶望した。「さよなら絶望先生」が今更このマンガがすごい!
に選ばれたという事実に絶望した。

盗んで褒められるのは、野球の塁とかモーションくらいですよ。
まぁ泥棒はその経験から警備員になったり、万引きGメンになったら
いいんじゃないでしょうか。逆転の発想で。
(警備員や万引きGメンの職業を貶める意図はないですよ)
ニートはその経験を活かして……すいません。
特に何も思いつかないので、テンパっておちつきません。
野球は9回裏からが本当の勝負です。
えっ、表攻撃だったら?負けじゃないですか。フツーに。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。