2009年01月20日

「不況だからこそ輝く」

不況はチャンス!という言葉をよく聞きます。

消費は落ち込み、人々は不景気な顔をしながら、未来に対しての
不安や閉塞感を感じます。
テレビを観れば、みんな不況だと嘆きますし、
自動車をはじめ商品が売れない、こどものお年玉が減った、
派遣社員がリストラされた、正社員も危ない、
連結倒産だ、100年に1度の大不況だ
と言わずもがなのことをマスコミが大々的に報じていますね。

それを聞いて人々は買い控えして、より悪循環に陥っていきます。
みんなが安心して消費活動に走れば、不況なんて終わりますよ。
経済学的な見地から言えば、あっさりトンネル通過しますよ。
デフレスパイラルなんて言葉がありましたが、本来上がるはずの
物の価値が下がること自体、やはりどこかおかしいんです。
でもね。
不況だから笑顔がより輝くんじゃないですか?
こんな世相だからこそ気持ちのよいあいさつが心に残りませんか?
不景気だからこそ景気のよい顔している人に惹かれませんか?
寒いから人のおもいやりとか親切が一層温かく感じますよね?

不況に輝くのは、案外超人ではなくて凡人なのかもしれません。
星で言うなら1等星、2等星ばかりじゃなくて、
6等星にもチャンスがあるかもしれません。
バブルのときは、ただ人より輝いて見える人がもてはやされた
かもしれませんが、暗闇が一層暗くなれば、
6等星の控えめな輝きがもっとも美しく輝くかもしれません。
つまり不況は、光り輝くチャンス。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。