2009年01月14日

「CHANGE?」

麻生総理と小沢一郎のCHANGE。について

麻生総理のCHANGE。
言っていることがポンポン変わってしまうというチェンジ。
朝令暮改ではないですが、これはホント厄介です。
問題発言もそうですが、この腰が据わっていないとも取れる
発言の数々がその支持率を麻生>小沢から麻生<小沢へと
チェンジさせるきっかけを与えたと言えるでしょう。

小沢一郎のCHANGE。
「YES,WE CAN!」
ニセオバマと共にチェンジを呼びかける小沢一郎は髪型をチェンジ。
かつての自分の悪いイメージを払拭しようと、らしくないことを
しています。
どうせなら、顔もチェンジしちゃえばいいのに……と言うのは
誰しもが思っていても口にできないことです。
「首相にふさわしい」は25%に達しましたが、
正直首相になってほしいか?と言うと私はノーですね。
だって顔が……。顔が悪いじゃないですか。
人間は見た目が9割ルックス1割と言われるじゃないですか。
でもだからと言って「この人!」と言える人がもういないしなぁ。
まぁ顔だけで選ぶと、どっかの国のブッシュみたいなことになるので
それはそれで問題ですよ。一昔前なら、25%の支持率なんて
キムタクは軽々とたたき出していましたからね。

おまけにブッシュの悪口。
自分の8年間を振り返ったブッシュは、終始自己弁護していました。
ホント、チェンジしなかったなぁ。
ネオナチ思想も、限りなくテロリストと変わらない身勝手さも。
ホント、芯ぶれなかったよ。ブッシュは。
いいか悪いかで言ったら、最終的な評価としては悪かったわけで。
靴投げられたりもしたけれど、8年間さじ投げたりしなかったのは
だからと言って評価されること……でもないんだよなぁ。

水みたいに 自由にあるがままに 姿や心を変えられたら
もっと楽しくて 違った世界が広がっていけるような気がします。

〜読んでくださって、ありがとうございます〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。