2009年01月12日

漫画『ボンボン坂高校演劇部』高橋ゆたか

高校で天使に恋をし、悪魔に見初められた順菜正太郎。
恋愛成就を信じて悪魔と天使が同居する濃いメンバーの多い演劇部に
入部するというドタバタ学園ラブコメディー。
時にSFモノや感動モノやゲームモノ、時代劇モノが描かれる

順菜正太郎は、時計坂高校(ボンボン坂高校じゃないじゃん)の
校門前で、天使のような美少女日比野真琴にひとめぼれ。
「いとおしい」彼女を思うあまり、一週間飯がのどを通らず、
一睡もしていない純粋な正太郎はぼろぼろ。
そして正太郎は、学園一の嫌われ者にして、演劇部のキワモノ変態
部長として悪名をとどろかす徳大寺ヒロミと遭遇。
幼少の頃より筋金入りのオカマだったヒロミに目をつけられてしまい
一方的に迫られ辟易する正太郎だったが、真琴が演劇部の副部長と
いうことを知り、思い切って演劇部に入部することにした。

しかし、真琴は校内に熱狂的なファンクラブができるほどの存在。
かつ、外に女をつくり自分と母を捨てて行った父がいた為、
男に触られるとコークスクリューパンチを繰り出すほどの男嫌い。
しかも、ヒロミの策略によって自分もホモ(同性愛者)であるという
レッテルを貼られてしまい、ヒロミの妨害に遭い、
真琴に思いを告げられないのであった。

物語は基本的に、下ネタありのテンポのよいギャグマンガであり、
正太郎と真琴を中心に複雑な恋愛関係をギャグテイストを多めに描く。
ジャンプコミックス。全12巻。
おまけページには、しゃべる犬「クンクン」を題材にした4コマなど
が描かれ、それも結構おもしろい。

順菜正太郎
純情にして、やさしくて芯も強い美少年で好感が持てる。
ヒロミや撫出肩先生の発明の実験体にされるなど不幸に遭遇する
ことが多いが、女性にはよくモテる。
エッチなアプローチをかけられることも多いが真琴一筋である。
ヒロミのおいたが過ぎるときは、ハリセンや金棒でツッコミを入れる。
態度がわかりやすく、傍で見ていておもしろいとは演劇部員の談。
一人暮らしをしている。

日比野真琴
ヒロイン。演技力も高く、校内に限らずファンが多い。
戦闘能力が異常に高い。酒乱の毛があり酒乱時は抑制が利かない。
ヒロミの策略で正太郎をホモだと思うも、どこか気になる様子。
お好み焼き屋を営む母がいて、正太郎との仲をたきつけられることも。
男に触られると反射的にコークスクリューパンチを繰り出すが、
ホモと認識している部長や正太郎なら大丈夫。
実は大洋ホエールズ(現DNA)ファンである。

徳大寺ヒロミ
母がオスカー3回受賞した大女優鳳理津。幼少時の頃より
度を越した演技指導(世間的には折檻(せっかん)を受けたことで
顔が変形してしまったという悲しい過去を持つ。
しかし演技力は抜群であり、その他のことはともかく演技に対する
情熱だけは人並みはずれて大きい。
幼少時からの男好きだったという真性のホモであり、美少年を中心に
たくましい男……などが好きな変態性欲の持ち主。
その欲望は凄く、正太郎を筆頭に被害者には枚挙に暇がない。
生き物を操る・しゃべれる、
眉毛が武器になったり、ケータイになる。
変態的思考と、身体を変形できる「変体」であり、空も飛べる。
人並み外れた(もはや人ではないが)恐ろしい生命力を持つバケモノ。
また人間には忌み嫌われる存在だが、なぜかバケモノには好かれる。
「部長さんを好いてくれる生物なんて
後にも先にもあれ一匹ですよ きっと」
……正太郎君。言うよね〜。
※ あれ…かわいい人気キャラ「ウンタマ」のこと。

ナルシス
自称「白き貴公子」の美しい外国人。その名に恥じないナルシスト!
だが、貴公子と言うよりも奇行師であり、ヒロミに次ぐ変人である。
「やはり他人の瞳に写った美しいボクは虫メガネで見るにかぎる」
という名言(迷言)をかましたり、
寝るときは自分の周りに鏡を置き自分を見ながら眠るという変態。
プライドの塊なので、自分の美しさを否定されるとショックの余り気絶。
今日も美しい自分を際立たせるために、ポーズの探究に余念なし。
また、美的感覚や音感などが一般人のそれと大きくかけ離れている。

観月リサ
極太一家の娘としてポニョ体型と言うよりも山本山体型だったが、
自分に優しくしてくれた正太郎に恋をし、一週間飯を食わなかったら
劇的ビフォーアフターし、一気に普通の体型に。そんなバカな……
リサは正太郎に憧れ、演劇部に入部。ちょっと頭が弱い所も魅力的?
ちなみに、両親と弟の総体重は500キロ。猫のタクヤは70キロ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。