2009年01月08日

「中庸」

競争を煽る社会もイヤだが、みんな同じがいいという社会もイヤだ。

他人を押しのけて、出し抜いて、時に他人の足元をすくい、
時に寝首をかかれる……そんな殺伐とした世界はイヤだ。

でも徒競走で、みんな手をつないでゴールするこどもの姿を見て
大人がそれを見守る……というような地獄絵図そのものの
ような社会もイヤなのだ。なんか大人のエゴと言うか、
薄っぺらい押し付け理想主義の権化みたいな発想がイヤだ。
いやだ、いやだ。いや、ダイヤだ。

「ダーリンコラム」へ。
http://www.1101.com/darling_column/archive/2007-01-22.html

ここでたとえ話をひとつ。
人間が究極的に「進化」して、
たとえばわかりやすい「完成形」みたいな姿になる。
男も女も、みんな完成形で、みんな同じ容姿で、同じ能力で、
同じ思考で、同じ生殖能力とかを持つ。
みんな同一規格で能力は同じ。
競争のない社会だ。
考えていることが同じで、ほしいものも同じなので効率がよい。
国策は立てやすいであろうし、争いも少ないだろう。
別に意図しなくても、みんなが同じ能力なので
ヨーイドンで走り出したらみんな同じタイミングでゴールする。
そうある意味で「完璧」の世界だ。パーフェクトワールドだ。
……自己嫌悪に陥ることも多いだろうな。

……考えていたら気持ち悪くなってきた。
人類の歴史において、「殺人」が行われかった日なんておそらく
ないのだと思うけど(マンガ「不思議な少年」でそんな話を題材に
していました)、もしそれが実現するとしたら、ほとんど人類が
壊滅的な状態になったときだけなんだろうなぁ。
昔読んだ手塚作品で、地球上に敵同士のふたりきりになったら
はじめて仲良く手を握れた作品みないなね。
映画の「アイ・アム・レジェンド」みたいなね。
ドラえもんの秘密道具で、みんなの能力が同じになる
(のび太を基準にしたから、問題が次々と巻き起こった)
というのがあったけど、それはそれで退屈なんだろうなぁ。

今以上をほしがりながら、変わらないでもいたい!と思ってしまう
のは人間の持つ究極的な悲劇的性格なのかもしれない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。