2009年01月01日

「紅白」

歌うまかったなぁ。久石譲さん……歌ってませんが。
ガチだと秋川雅史さんがすごかったですね。

「紅白」は口パクじゃありませんよ!
どっかの国とは違うんです。
「あなたからわたしへ このうたをとどけよう ♪」
ポニョ(通称大橋のぞみちゃん)の歌声ではじまった紅白歌合戦。
なんだかんだでほとんど観ました。
猛烈に腹が痛くなりトイレに駆け込んだタイミングと、
風呂に入ってたとき以外はみました。

羞恥心〜aiko、あとミスチルの後だったSMAP、天童よしみさん、
生理的に嫌いな森山直太郎あたりは観ていないですね。

歌だと、断トツで「東京砂漠」がよかったなぁ。
好きな歌手だとミスチルですが、「GIFT」だと今年の曲でも
5曲はいい曲あるよなぁと思いながら観ました。
あのミスチルを中心にして、円状に北京五輪とかの映像が流れる
演出はよかったですね。私はてっきり「Tomorrow never knows」
のときみたいに崖の上で歌い(PVがそんなだった)
「崖の上のミスチル」とか、またはエコ関連の風車の前とか
そういった場所で歌うのかなぁ?と予想していましたが、
いい意味で期待を裏切られました。
いつもアレンジして歌いますね。桜井さんは。
ミスチル、中居、仲間、久石譲……と「貝になりたい」メンバーが
揃ったわけですが、ある意味事前に布石は打たれていたのですね。

絢香「おかえり」をはじめ、「home」(清水翔太じゃない方)など
家族をテーマにした曲が多かったイメージです。
そうかと思うと、いきものがかりは「帰りたくなったよ」ではなく
「SAKURA」を歌っていたりもします。
読めません。NHKの選曲は。法則があるようで、その実ない。
Perfumeもなぜか「love the world」ではなく、「ポリリズム」です。
speedは、冒頭に「やっちまったなぁ」級の外し方をし、
「残酷に過ぎる時間」(≒スピード)とか思っていたのですが、
その後は持ち直していましたね。カムバックを果たしました。

赤組の中で赤っ恥をかいた人はいなかったと思いますが、
白組の中には赤っ恥かいたのいたなぁ。誰とは言いませんが。

あと印象に残ったのだと、坂本冬美さんがソフトのキャッチャーを
やっていたとかで上野さんの414球めを受けていたこととかかなぁ。
見てておもしろかったのは、サブちゃんと小林幸子。
エンターテイメントに徹する感じが好きですね。
「見せる」ことを前提にした姿勢が見ていて気持ちいいです。
くぅちゃんとセクスィー部長だとどっちがマサルさん
(セクシーコマンドー)なのでしょうか?どうでもいいですが。

こどもの頃から好きな水谷豊さんが出てたり、
あえて氷川きよしをトリに起用したりとなかなか楽しめました。
来年は、「永川きよし」とか「水川きよし」とか(いるのかな?)の
そっくりさんが出てきたりするのかな?
紅白効果としては、木山裕策さんの「home」、
アンジェラ・アキさんの「手紙」が売れそうかなと。
あと、いきものがかりの「SAKURA」はニューアルバムに
入っていませんからご注意を。

ポルノ、隣のお姉さん(GIRL NEXT DOOR)……、
NHKは羞恥心がないのかもしれません……門松。

〜今年も(今年は)いい年にしましょう!新年の誓い!〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は、誠にお世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

山口ジジイ

http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/

>山口様へ

お久しぶりです。
こちらこそお世話になりました。
本年もよろしくお願いします。
しかし、社会人にとって特に大変な時代ですね。
折れない心がほしいです。
Posted by 山口ジジイ at 2009年01月01日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。