2008年12月23日

「火車の理由」

ボーナスを自主返還とか聞いても、
そんなの裕福な者しかできないよ!と思います。
対外的ポーズなり、偽善としか思えないですよ。
経営側と雇用者とでは全然立場が違いますし。
自動車産業に限らず、ほどんどの産業が軒並み不振です。
少ないボーナスをカットされたり、今年は完全になしと
言われる一般的な現実を考えたら、ポーズにしか見えません。
……初のボーナスは2万円とか世間にはざらですよ。
でも、あるだけましか。

金持ちが1人で100万円ポンと出すより、
非金持ち1万人が100円ずつ出すほうが私はしびれます。
結果は同じでも、なんかそっちの方がいいじゃないですか。
考えてみると絶対主義と民主主義にも通じる考え方です。
数少ないエリート(ここでは君主など)が、
国の方向を決めるやり方よりも、たとえ間接的であっても
国民の意向なり、求めなりがちょっとでも反映される方がいいです。

アメリカの火車会社トップ3は、ホント「のんき君」だと思います。
旧態依然なその姿。CHANGEすべきなのは、
まずフォードとGMとクライスラーの体質なりトップの考え方でしょう。
このままだと、沈没船タイタニックのような悲劇に波及しますよ。
氷山役は「トヨタ」が最有力だったのですが、
どうもトヨタも大変みたいですし、下手すると共倒れになります。
氷山だって、でっかい船にぶつかったら粉砕されますからね。
「神話」は何の根拠もないのに信じられているものですが、
「安全神話」も「トヨタ神話」も「食の安全神話」も
「経済成長神話」ももう過去のものとなっています。

いつだったか、三菱が火を噴く文字通りの自動車「火車」を出して
問題になりました。今まではその圧倒的な広告費によって、
世論及び不満を押さえつけていたトヨタ。これからは、リコールを
はじめとした様々な問題が噴出してくるのでしょう。

テレビでロシアの自動車の8割が日本の中古車と言うのを聞いて、
「日いづる国が、日沈む国にクラウンを送る(輸出する)」
ということに気付きました。(クラウンが走っているかは不明)
国自体が火車みたいな国で、走っているのは日本車。
うーん、グローバルです。
(ロシアで自動車関税をかけるという政策に対して国民が反発)

こんな時代だからこそ、心のブレーキを踏むときは踏み、
冷静な中に情熱を燃やせる人間が増えることが熱望されます。
神話にすがったり思い出している暇があったら、
目の前のひとつひとつの課題をこなし、長期的な展望を持って
こつこつと摘みかさねていくしかありません。

「やりたいことをやるべきだ」とハローワークで諭した麻生さんは
的外れなようで、長期的に見たらまともなことを言ったのかも
しれません。70歳すぎても政治家にしがみついている人とかを
見ると、政治が、政治家という肩書きが大好きなんだと思います。
まぁ早く辞めろよと思いますが。
今までのやり方が通用しない時代なのですから、早く辞めろよと。

高期高齢者ならぬ好機高齢者になれば、
違う人生観を持てるチャンスが生まれると思います。
高貴高齢者ばかりだったら、素直に老人を敬えるのですが
なかなかそういう人ばかりではありませんからね。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。