2008年12月12日

漫画『最強伝説 真実の男』福本伸行

【真実の男】

東大を首席で卒業しながら、15年間放浪の旅をしていた岩田真太郎。
「学業にかまけて……人間形成はおざなりであろう」
と面接時に言われた言葉を真に受けた真太郎は、
女も地位も金も捨てて人間を磨いていた。
「満を持して」日本で就職しようと面接を受けるも悉く断られる。
まともに面接もしてもらえない真太郎が追い求めるのは「真実」。

心の容量(ここでは感動の容量)が桁外れに大きい真太郎は、
どんなことにも感動する見た目も中身もおかしい怪人物ながら、
ある意味では100万人に一人の人材といえよう。
そして、すぐに女性に惚れてしまうのだ。
彼の行くところ事件が起こり、社会に蔓延る歪んだ構造や歪んだ人間
に対して、滑稽だがある意味正しい彼が疑問を投げかける
というストーリー。
ダメサラリーマン金太郎と言えば、すごくわかりやすいと思われる
ギャグマンガである。

しかしある意味で深い話テイストなのは、福本伸行作品らしい。
ふと人が忘れてしまっている「本当に大事なもの」を描いた作品。
バブル期の作品のためか、懐かしいアイドルの名前が数多く登場。

【ワニの初恋】

ワニのような顔をした豪快な怪人物通称ワニには、キャバレーで
身体を売っているのり子と同棲していた。
ワニには、駅の伝言板で女子高生久美子と会話するという
似合わない密やかな楽しみがあった。
初恋のような思いを抱きながら、自分に対して引け目を感じていた
ワニに久美子は伝言板で「会いたい」と告げてきた。
葛藤しているワニの背中を押す恋人のり子は、
店長からより多くの客の相手をするように強いられていた。
ワニは、人を商品としてしか見ない店長に嫌気がさしていた。
そして事件は起こった。

やさしいんだか、やさしくないんだか、何考えているのか
わからない枠外で破天荒な男ワニの活躍は、
プロ野球編、行楽編、中国旅行編などもある。

BAMBOO COMICS (株)竹書房 コンビニで販売される大判タイプ。
ラベル:福本伸行
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。