2008年12月05日

「モラルの取捨選択」

「捨てるのモッタイナイ!賞味期限切れ品、スーパーで格安販売」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081205-00000037-yom-soci

売れ残り商品を廃棄せず売る→もったいないから
という思考に関しては賛否両論あると思うし、
扱う商品や程度の問題によっても見解が異なりそうだ。
私は、物によるかなぁと思う。
加工品は、イチオー平気そうだけど、生モノは食べる気がしない。
お茶とか紅茶なら平気かなぁ。
たとえば、自分の家でそういう商品があって……
と想定するとピンとくる気がする。
売る側だとしたら?うーん、多分売りはしないだろうなぁ。

私はファミレスで働いていたことがあるが、
まだ食べられそうな食品とか商品を結構廃棄したなぁ。
つまみ食いとかしなかったけど、つまみ食いしている人とかに
対してそんなに腹立たなかった。店長は怒っていたけど。
「お客様から見えないところでやるように」と。
実際すごい量の生ゴミが出ていて、捨てるのに胸が痛んだ。
持ち帰るにしても限度があるし。食品によっては危ないし。
反対されそうだけど、生ゴミになるなら野良猫にやった方がいい。

吉兆の使いまわしとかは言語道断だけど、実際の所どれだけの
外食店や小売業や卸売業で不正が行われているんだろうか?
結構モラル(道徳観)にゆだねられていると思う。
消費者の側が購入しなければ、自然となくなるものだとも思う。
廃棄される商品は、市場的価値がゼロで、しかも廃棄するのには
費用がかかる。単にもったいないからと言うだけではない
お店側の都合もあるのだと思う。
まぁノーベル平和賞の人じゃないですが、
もったいない精神や「もったいないお化け」はあった方がイイネ。
http://jp.youtube.com/watch?v=ANXaygAl_ZY

モラルと一口に言っても、たくさんの要素がタコ足配線のように
絡み合ってて、いい・悪いと言えないよなぁと思った。
売り方の先駆けになるのか、三面記事で終わるのかは、
消費者次第な気がする。それとも法整備するのかなぁ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。