2008年11月01日

マンガ『てんで性悪キューピッド』冨樫義博

妖精を存在を信じるイタい中学生竜次は、水浴びをしていた悪魔を
目撃してしまう。「見たわね」、しっぽを生やした裸の悪魔に
見つかった竜次は、何とか逃げ出し家出していた実家に舞い戻る。
竜次の親は、鯉昇組の親分であり、腹違いのすさんだ4人姉妹や
ヤクザを擁する豪邸という複雑な家庭で育った竜次が、
現実逃避を図り妖精を自分の理想としたのはある意味肯ける。

クラスの悪友たちに誘われて、いやいやナンパに参加した竜次は
自分の理想とする妖精のような女の子からアプローチを受ける。
だが、それは自分が目撃した悪魔の女の子まりあだった。
まりあは「竜次を男(漢)にしたい」と強く抱いていた
竜次の父に気に入られ、竜次といっしょの部屋に住むことになる。

魔法を使い、竜次に迫ってくるまりあに対して、心を許せない
竜次だったが、家や学園生活を通してまりあが悪魔でありながら
見た目だけでなく美しい心を持った特殊な存在であることに気付き
次第に心を許していく。まりあ以外にも悪魔が登場し、
二人の恋愛にちゃちゃを入れ、まりあ自身も数々の問題を引き起こす。

ギャグ要素&ラブコメ要素なども含んだエロい展開の多い
同人誌的な面が強いドタバタコメディー。
スケベや変態、倫理観のぶっ飛んだキャラが多いのが特徴。
ちゃっかり作者も登場している。
幽白の初期の短編を思わせるような「いい話的」作品も収録。
冨樫作品ということで、過度の期待をしない方がよい。
妖怪退治の少女の活躍を描いた「ジュラのミヅキ」や
なぜか小学生が先生という「せんせーは年下!!」収録。
ワイド版全3巻。ジャンプコミックス。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 冨樫義博『幽白,ハンター』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの作者が描くラブコメですか。どんな作品か読んでみたいですね(・∀・)

ハンターと幽白は読んだことあります。

>threeさんへ

ちょうどジャンプの「とらぶる」みたいな作品です。
あと、同人っぽいです。

よさとしては、ギャグ要素が強い点。
本気になりすぎていつも死人が出るwという、極道同士の
殺伐とした「カルタ大会」の会とかが好きです。

冨樫作品としては「レベルE」の方がずっとおすすめです。
Posted by three at 2008年11月02日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。