2008年10月30日

「遊び方」

日本人は外国人から、遊び方を知らないと言われる。
けしからん。その言い方だと外国人は遊び方を知っている
みたいではないか。仕事ができないと言われるよりも、
遊びができないと言われるのは不本意だ。
エコノミックアニマルと言われ、遊び方も知らないと
言われるのは心外しちゃうね。しかしである。

「日本人が水を使ってホットドッグ大会で優勝」や
「エアギターで日本人の芸能人が優勝」
の話を見ていると日本人は遊び方を知らないと言われるのも
肯けるのである。一部の高慢な外国人の高い鼻(ばかりとは限らないが)
をへし折ってやるとスカッとするのだが、あれは違うと思う。
だって、あれって地方のお遊び色のの強い大会とかお祭りの
ようなものでしょう?それをその道のプロが
(飯が食える→大食いで飯が食えるだとややこしい!)
優勝してしまったら観客は釈然としないでしょう?
エアギターにしたって、非情に遊び色の強いものだ。芸能人が
参加して、世界一になるのは遊びの範疇を超えている気がする。

言うなれば、サッカーのリフティング大会にロナウジーニョが
やってきて、本来優勝するはずだった小学校一リフティングが
うまい旬君をおさえて一位…みたいなありえない事態ですよ。
ロナウジーニョが1時間、2時間、3時間……と記録を伸ばすたびに
「空気読めよ」という感じになるでしょう?
もっとわかりやすく言えば、
学習院の小学校の運動会に、金メダリストのボルト選手が参戦して、
愛子ちゃんに徒競走で勝ってしまう。大人気ないでしょう?
金ちゃん走りで、金メダルだから実際楽勝でしょうけどね。
青天の霹靂ですよ。晴れていた空が俄かにあやしげな天気に……。
そこで、天国的な愛子ちゃんが言うわけですよ。

「愛子のアイコトバ!きっとこの後雷雨が訪れるでしょう!
みなさん十分のご注意を!ジャマイカにくわばら。くわばら〜!」
国際問題に発展しかねない事態です。
愛ちゃんは、怪盗やね。ルパンやね。
白にピンクのマフラー……。天使すぎる!
早起きは大変だけど、愛ちゃんを拝むためなら苦じゃない。

……途中から、皆藤愛子さんを賞賛する話になってましたが、
つまり遊び方を間違えると、嫌われるぞって話しです。
パワプロで、自前のオールAの最強選手で戦ったり、
桃鉄で大勝ちしているのに、増資や妨害系カードを繰り返したり、
ストUで待ちガイルしたり、格闘ゲームでハメ技を多用したり、
麻雀でチョンボ(反則)したり、
ババ抜きでわざと一枚カードを引っ込めたり、伸ばしたり
ソフトボールやキックベースでバントとかチョン蹴り
すると嫌われるぞって話しです。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遊び方が違いますね。文化の違いです。外国人はパブやバー、クラブなどで新しい出会いを大事にします。また、友人、知人を織り交ぜたホームパーティーも頻繁にあります。というと日本人もそうじゃないかって事になりますが、一部の裕福な人達だけですね。忙しいせいかあまり根付いていないように思います。

>サミュエル様

コメントありがとうございます。
いわゆるヒルズ族の親戚が教えてくれましたが、
そういう世界もあるみたいです。そんなにおもしろくなく
どちらかと言うと、人とのパイプを繋ぐために参加している
そうです。

こどもたちが集まって、でもみんな個々人で一人でゲームに
興じるというスタイルも、一般的になりつつあります。
みんなで遊ぶというスタンスからは、どんどん遠ざかって
いくものなのかもしれませんね。
Posted by サミュエル at 2008年10月30日 08:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。