2008年10月16日

「Nostalgia」

「こち亀」、「美味しんぼ」、「あさりちゃん」「コボちゃん」……
長寿漫画としての代表選手のようなマンガたちだ。

私は「今月コナン出るのかなぁ」と集英社のホームページを閲覧
していた。(ちなみにコナン63巻は11月7日です)

「!!!」
驚いた。新刊欄に「スーパーマリオくん 38巻」とあるではないか。
まだ、男女の心の機微などわからなかった(今もわからないが)
幼い日、兄といっしょに交替で買っていた月刊誌コロコロに
載っていたマリオくんが、未だに続いていたとは……、いい意味で
驚きである。ちなみに、私が好きだったのは「ドラえもん」とか
「がんばれ!クワタくん」「やったぜ!クワタくん」
「かっとばせ!キヨハラくん」「つるピカはげ丸(くん)」である。
「おぼっちゃまくん」とか「あまいぞ!男吾」とかも好きだった。
今考えると「〜君」「〜くん」とつく作品が多いのは戦略なのか?
(ラバーガール世代、一般的に宇多田ヒカル世代辺りの人には
まさにノスタルジアな話だと思う)

肝心の「スーパーマリオくん」だが、うーん覚えていないなぁ。
「気になった方」はウィキぺディアを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%81%8F%E3%82%93

普遍的な人気キャラクターであるマリオを題材にしたマンガは
やはり強いということか。そういえば、ストUを題材にしていた
のもあったなぁ。ボンボンだとガンダムとか「棲み分け」をしていた
わけですが、ボンボンは廃刊になってしまったし、なんか淋しいのは
秋という季節のせいだけじゃない気がする。
こどもの頃の素直な気持ちを忘れずに
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。