2008年09月16日

「めざましと明日の記憶」

9月15日 憂愁の名月見れず、がっくり。

9月16日 皆藤愛子様の皆目麗しい顔とうぐいすのような声が
    
    聞けずにがっくり。
   

私の一日は、コーヒーと皆藤愛子様ではじまる。

めざましで、ミスチル「HANABI」の2週連続首位を知り、喜ぶ。

もうそろそろ、愛ちゃんの出番だぞと期待していたら、

んっ?この声は違うぞ……。……別の人が天気を読んでいる。

「台風13号が、西日本に上陸。諸地域の方は警戒を……」

その辺りでがっかりしてテレビを消す。仕方ないので、

脳内の記憶を総動員して本日の愛ちゃんの天気予報を妄想する。

かわいいイラストとかは、台風警戒情報だなとか推理する。


……自分の書いた文章を読み返して「この人きもい!ひくわ〜」

と思ったが、このブログを観に来てくださる方はせいぜい120名様

くらいなので、荒れることもないでしょう。

西日本の方は、台風に十分のご警戒を!



「明日の記憶」(荻原浩著)を読んで、ぼろぼろと涙がこぼれた。

やばい。号泣する準備はできていなかった……。

この本、浅田次郎氏の号泣系の小説と同じで電車で読めない。

拙ブログでの「明日の記憶」紹介文はこちら。
http://book0001.seesaa.net/article/106593972.html


岩井志麻子やS・キングが書くホラー小説は確かに怖いけど、

「明日の記憶」や「アルジャーノンに花束を」のように

「自分が自分でなくなってしまう」感覚や絶望感、

「大切な人との思い出が消えてしまう」

という恐怖も甲乙つけがたい。小説でも触れているが、

「忘れることは確かに必要」だ。悲しみやつらい出来事が

飽和量を超えたら、人間は生きていけないだろうし、笑って

生きられないかもしれない。私の好きな、ミスチルの「CANDY」

「Sunrise」、中島みゆきの「傾斜」とかを思い出してまた泣く。


日常に支障をきたさないようにと、主人公は周囲が奇異に思うほど

メモを取り、日記を取るようになる。妻のサポートによって、

食事療法をしたり、大好きな酒を控えたりと努力もする。しかし、

効果は上がることなく、どんどんと症状は悪化していく。


自分が忘れてしまったことを、日記やメモを見て知り愕然とする。


人は悪口をよく口にする。悪意ない冗談かもしれないが、受取り方は

人によってまちまちだから、思わぬ反撃を受けることもあるだろう。

誰もが年をとることを知りながら、誰もが自分が実際に年をとるまで

老いを実感しない。または、見ざる・言わざる・聞かざるをする。


正直管理人は、昨日の記憶はおろか今日の記憶もあやふやという

体たらくだが、大切だと思う人やものをより大切にしたいし、

いろんな立場の人やものごとに対して、温かい目を向けたいし、

寛容になりたい。明日を大切にしたい。

…………なんか読書感想文っぽくなってしまった。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。