2008年09月09日

「宇宙を駆ける」

宇宙に行きたいと思ったら、
「宇宙飛行士になる」という現実的な方法があるが、
「宇宙を駆ける自分を空想する」というもっと現実的な方法がある。


人間の脳は、小宇宙と呼ばれることがある。ひとつの漫画や小説、
映画といった作品に対して、 
同じもの同じように感じている ♪ 川本真琴「桜」
ことは稀有であり、それこそ一人一人感じ方や捉え方は、
小説「藪の中」(芥川龍之介)のように異なるわけだし、
違うことが許されてしかるべきだと思う。
「いい・悪い」という決め付けや断定は、あくまで自分自身の
主観でしかない。
「自分のことを客観的に見れる。あなたとは違う」
という人はおそらく滅多にお目にかかれないと思うが、まぁ
そういう考えもあっていいんじゃないかなと思う。他人事だから。

さて、9月9日はあの某北朝鮮の建国60周年らしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080908-00000019-yonh-kr

この国の報道を知るたびに、人間一人一人の価値観がある尺度で
ある程度認められている世界ってすばらしいと思い知らされる。
それこそ、宇宙にでも逃げ出したいという方もいるかもしれない。
反論することはもちろん、空想することも許されない世界だったら、
つらいな……と思う。
パレードする前に、食糧問題を「現実的な方法」で模索しろよ。
私は、あえてこの部分に関しては前言撤回して、北朝鮮は悪いと
断言したい。だいたい誰も笑っていないパレードなんて、
客観的にも主観的にも楽しいと思わないのだが「あなたとは違う」
と言われたらぐうの音も出ない。

心に形なんかない 逆を言えば自由自在に姿を変えていけんだ
暗い海の底に沈んだ日でも 青空を飛んでいる♪「はるまついぶき」
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。