2008年08月11日

漫画『まことちゃん(2)』楳図かずお

沢田まこと(さわだまこと)

この物語の主人公。幼稚園児。
グブー。ゲリスピー。とぐろ虫。グワシ。サバラ。クワッ。
ゲッゲゲー。ゲー。アウッ。ズズズー。しゃーなだーなど
変わった口癖や擬音語を発することが多い。

200805201905000.jpg

「まことちゃんのグワシ 画像」


「のほほ笑い」「カラ笑い」など独特の笑い方をする。
語尾に「○○らー」「○○のら」をつけるのが特徴的。
家族のことは、「ママリン」のように語尾に「リン」をつける。
先生が「へんへー」になったり、会話の端々に濁点を入れる
という舌ったらずなしゃべり方をする。
鼻水をたらしていることも多いが、鼻水を跳ばしたり、
クモの巣状に張ったりして虫を捕るという嫌な特技を持つ。
ゴキブリを筆頭にいろんな虫を食べてしまう。
石器時代においてはゴキブリに高飛びをさせるという芸を
仕込んでいた。失敗した場合は、食べてしまうという
「恐怖政治」を断行。あなおそろしや。

「おおきんもち(大金持ち)になる」など野望は高く、
人気者になることや、めだつことが好きな性格である。
うんちや、おしっこなど汚いものが好き(汚れを気にしない)
ので、まことの靴にはゴキブリが入り込む。
→ゴキブリが人間っぽく描かれ、まことと対決する回もある。

作中2回も家族から「養子」に出されるはめになる。
誘拐された(自分の意思で)ことを筆頭に、事件に巻き込まれる
ことも多いが、時にまことの活躍で事件が解決することもある。
年下のおむつ軍団の面倒を見たり、悩みを解決することもある
親分肌であり、年下の兄弟がほしい願望があるらしく、
赤ちゃんを育てる回もある。一人でこっそりネコを育てたり、
工事現場で「危険が危ない」状況の鳥の卵を守り育てた回もある。
身体に、「まこと虫」(下記で紹介)を飼っている。
恋人になったり、好きになる女性は、同年代から年上まで幅広く、
主人公らしくよくモテる。(アイドルが恋人になる回もあった)
ちなみに初恋は、同年代の少女に対してだった。

「デバガメ」行為で捕まった前科や、寝たきり老人を助けに行き
逆に助けられるなどの汚点や、心中カップルをまことがきっかけで
救ったり、赤ん坊誘拐事件解決のキーパーソンになったことがあり
新聞に載ることや、命の恩人として感謝されることも多数。
「なんちゃっておじさん」と間違われたこともある。
流行歌や替え歌を歌っていることが多い。
好きな食べ物は、カレーとお菓子だが、
「ビチグソカレー」、「ビチグソキャンディー」などと呼ぶので、
お菓子屋のおばさんからは、「店の前でビチグソ言うな!」と
嫌われている。
→ワード変換したら「美痴愚疎」と出てその変換センスに驚いた。

沢田美香

まことの姉。少女マンガのヒロインとは一線を画す小学生。
趣味は、のぞきであり、異性への興味が深々。
その対象は、同年代の少年から青年までであり美形好きである。
(母からの遺伝)また、まことに劣らず下品である。
また、将来の夢は「金貸し」であり、金に汚くてがめつい。
おしゃれにめざめたり、アイドルの話をするなど女の子らしい
一面もあるが、基本的にまこととどっこいどっこいのレベルであり
姉弟ケンカが絶えないが、意外に仲よく二人だけで出かけることも。
ある意味では、リアルな「女の子」(極端な描写も多いが)であり、
少女漫画特有の「清潔」な女の子とはキャラの濃さが違う。
いっしょにのぞきに出かける同年代の女友達もおり
美香だけの病理ではないという作品での描写もまたおもしろい。
危険な香り満点の「ほっさ」を起こすこともあり
その際には包丁などを振り回すという奇行に出る。

まことと並んで表情が多彩であり、かわいい顔をしているが
まことにトイレから手を出すオバケがいる……とだます時の
醜くゆがんだ顔や、怒りに我を忘れたときの顔など
インパクトの強い顔が印象に残る。

200808101125000.jpg


エイプリルフールって、6月1日じゃなかったの?」という
美香に対して、「美香のいいかげんな性格が……こわい!!!」
と家族は恐れ戦く。

200808101126000.jpg


ちなみに名作「漂流教室」のヒロイン(咲っぺ、川田咲子)と
顔がそっくりだが、川田咲子はまともなキャラなので、
違和感を覚える。

まこと虫

まことの落書きから生まれた「まこと虫」は、人気があったらしく
まことの身体の中に住んでいる生物に格上げされ、物語の随所に
現われる。醜い姿をした、汚いものが好きという生物であり、
宿主であるまことを尊敬し「おやべん」(親分)と呼んで、
時に助言(悪知恵)をしたり、まことの身体の汚れた部分を
嘗め回す。故に、ピカピカのものや清潔なものが苦手であり
汚いはきれい、きれいは汚い」という美的感覚を持つようだ。

当初は、1種類だったが、まことが「初恋」を体験した回などでは、
「嘘なきまこと虫」を筆頭に数種類のまこと虫がまことの体内に
いることが判明。
まことの身体の中に突如現れた謎の「醜いまこと虫」によって、
その存在が明らかになる。ちなみに「醜いまこと虫」は、
「初恋まこと虫」であり、体内からウンチではなく花を咲かせる
ので、まこと虫たちからは「気持ちが悪い」「オェー」と罵られる。

マッチョメマン

200808091023000.jpg

「マッチョメ、マッチョメ!」

正義の味方。お菓子会社「松長製菓」の人気キャラクター。
ウルトラマン(うめず先生はウルトラマンの漫画を書いていた
ことも)をはじめとしたヒーローたちから頼りにされるヒーロー。
まことちゃんは彼が大好きらしく、「マッチョメマッチョメ」
と肩をグリグリと動かす独特のポーズを真似している。

夫婦喧嘩している怪獣を止めにやってきたマッチョメマンは、
「父怪獣と母怪獣の身体の模様から子供怪獣の模様になるのは
おかしい」という状況を見て、「よその人とのうわきのこども」だと
身も蓋もないことを言う。再び喧嘩をはじめた怪獣を力で制圧すると
いう困ったHEROである。まことによく似た容姿をしている。

松長製菓の面接会場に現われたまことは「23歳」だと言い張り
面接を受ける。名前は「ひるたじゅん」と名乗り、
趣味は、浪曲、落語、小唄、じょうるり、おきょうだと発表し、
「我が社のお菓子について」→「甘すぎる」と鋭い指摘をする。

また、大好きなマッチョメマンのスーツを校長先生から
プレゼントされる回があるが、「ハンバーグにして食べられる」
という恐ろしい噂が園内に広まり、まことは食べられないために
おしりにからしなどを塗りたくり、自己防衛に走るのだった。

ウィキペディアの「まことちゃん」へ
かなり、私が携わっているので、よろしかったら観覧して下さい。
8月と9月11日に加筆訂正しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 楳図かずお(うめずかずお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は(´∀`)

漂流教室や怪奇漫画は、読んだことありますがギャグ漫画も書いていたんですね(・∀・;)知りませんでした。

>threeさんへ

threeさんのように母も楳図かずお先生と言ったら、
ホラーマンガ家!というイメージを持つようです。
私の場合は、「まことちゃん」が最初だったんです。
それから、「漂流教室」「洗礼」「へび少女」……と
怖い作品方面に移行していきました。「まことちゃん」に
おいてもホラー的要素がちらほら出てきます。
だいたい30年前位の作品で、「?」と思うような内容も
あるのですが、何度も読みたくなる大好きなマンガです。
Posted by three at 2008年08月11日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。