2008年07月29日

「27時間テレビ2 さんま&大竹しのぶ編」

「さんま、大竹しのぶと共演、対談集及び名言・迷言集」
兄が録画&編集してくれてたので、前々回の1弾に続いて、
27時間テレビネタ第2弾です。

さて、さんまさんが裏番組「から騒ぎ」に出ている時間を考慮して
さんまさんの元奥さんである大竹しのぶさんと鶴瓶がやってきて、
時間をつないでました。しのぶさんのその後のさんまさん
合流後までの発言をピックアップしておきました。
(注 一部修正、ちょっと間違いがあるかもしれません)

大竹しのぶの発言 名言・迷言セレクト
「人に恩を売るのが好きなんですよ。お見舞いとかすごく好き。
 お見舞いに行く俺いい奴。それが、はっきり見えちゃうんです」
「私、舞台稽古もあるし、こんなことしていたくない」
「(二人の中が悪くなって深夜に)下の方から笑い声が聞こえて
くるんです。私もしも、夜中に自分のビデオ観て笑ってたら離婚!
て思いながら、見にいったら、本当に笑っていたんです。
離婚しようって思いました」
「いまる(娘)が生まれたとき、野球に行っていた」
「私のおばあちゃんに、娘がアメリカに行くって言ったら、
開拓しに行くのかい?って言われて」
(家庭内においても)笑いに厳しいんです。
おもしろい話しがあるの〜って言うと、ハードルを上げるんです」
「ちゃんと生きよう!」
「(さんまに)会うとよかったと思うんです
(離婚という)選択が間違っていなかった……と思うんで」

さんまの発言

「家の前には5人位記者がスクープ撮ろうと張ってる。
動くダンボールがあって、あれ俺疲れてるのかな?
と思ったら、中に記者が隠れていたんや。
だから(しのぶさんと)デートとか絶対できない。
ある日、マジックをヒントにして、ケースに(しのぶさん)
詰め込んだら……って考えて、実際に入れた。
タクシーに何とか詰め込んだら、ケースから 苦しい って声が。
運転手さん、あわててはった。それでケースを開けたら、
開けたとこから、口がニューっと。カー(ひき笑い)」

「ズボンから映画のチケット出して、誰と言ったの?って
詰問されて、(村上)ショージやっけ、三宅さんやっけって
思い出そうとしていたら あっ、私だった って言うんです」
「映画とか観てて、感想が違う。
夢に生きる男を見て、ばっかじゃないの……。とか言う。
「ローズ家の戦争」観て 夫婦が殺し合うっていう内容なんだけど、
その時だけは二人とも、わかるなぁ……と」
「(THAT WAS THATという服を着て)
あの時の(愛は)あの時だ。あの時だけのものだと思う」
「深夜にたけしさんにもらったビデオを家のみんなに隠れて
こっそり観ていたとき、(しのぶさんの)おばあちゃんが来て、
画面を観てしまい しのぶがすいません……。全部ホンマです」

「強力殺虫剤で俺を殺そうとしたんや。
これ、人にかけたら死ぬのかな?シュッと(かけられた)」
愛が途絶えていた。ずっと圏外だった
「病院から二人で赤ちゃんといた時、下にピンクか紫のジャガーが
停まった。窓が開いて三輪さんが、窓を開けて 幸せそうねっ て
言わはった。これは別れる(かもしれない)と思った」

そんな二人を見ていた鶴瓶は、
その日に生まれた孫を早く見に行きたいとごねだす。

その後、さんまは中居と共に「今年出会ったいい女ベスト10」を
発表するコーナーに。なぜか、大竹しのぶさんも参加。
しかし自主規制の、気まずいVTRが流れしのぶさん
一気にご機嫌ななめ45度に。
「勝手にやればいい」
「もう二度とお会いすることはない」
「もうちょっとちゃんとしてね」
というセリフを残して帰ってしまった。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ははは、大竹しのぶ、なかなか面白かったですねえ。
この番組の第1回は、タモリとさんまがやってて、謹慎中のたけしが、復帰したのが、この第1回目の放送でしたね。
思い出した。
ポチ!

>山口ジジイ様

 すごく複雑な気分で共演していたと思うんですよ。
 大竹しのぶさんとしては。
 でも、結構いろんなことを話してくれました。
 「人を楽します」ことが好きっていう所は
 二人はよく似ていると思います。
 27時間テレビで輝いていた人は、多分そういう気持ちが
 人一倍強い人ばかりなのだと思います。
Posted by 山口ジジイ at 2008年07月30日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。