2008年07月20日

「ためになる求人広告 水商売編」

否定すれば否定するほど、怪しくなることがある。
例えば、水商売と言われる仕事である。
私は、就職中・離職中に関わらず、求人広告を見るのが好きだ。
世の中には、いろんな仕事があるなぁとか、世の労働者はこんな
低賃金で働いているのかとか、その労働条件の悪さに恐れ戦く。

特におもしろいのは、水商売の求人広告だ。時給3000円。
おいおいコンビニとかファミレスとかの4倍かぁとか思う。
どんなインフレだよ。と思う。

その際に、この求人広告に踊っている文字がおもしろい。
「当店は、ノーピンクの店」だの
「派閥はありません」だの
「イジメはありません」だの
「ノリのいい人待ってま〜す(顔文字)」だの
「貸衣装代タダ」だの
「送迎あり」
だの読んでいて、実にいとをかし。
しみじみとした趣を感じる。
それは読む人に、
あぁやっぱり……。と思わせる。
否定すれば否定するほど、肯定したっぽくなり、
あやしさはますます増すばかり。

百聞は一見にしかずというが、とりあえず小説「レディー、ゴー」
桂望実著を読むことによって、
なるほどキャバクラとはこういうものか……とひとりごちた。
ためになるなぁ。
「大丈夫」と連呼するほど、大丈夫じゃないんだろうなぁと思う。
「不安?心配?そんなの関係ねぇ」
と書き、あのポーズを取った人たちに扮したスタッフが描かれた
秀逸すぎる求人広告を発見。不覚にも笑ってしまった。
世の中、もっとかるがると渡っていけたならいいのに。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。