2008年07月20日

「大分県教諭のすべらない話」

不正で教諭採用試験に合格する者が出るのは、確かにあっては
ならないことですが、もっとあってはならないのは、
本来合格するはずだった人が不合格にされたことだと思います。

この問題は、悪い奴がお金をもらって……というだけの話しではなく
その悪い奴のせいで人生を狂わされた人間がいて、しかも
はっきりとした証拠が残されていないという現実にあります。
(悪い奴が試験やデータなどの証拠を隠滅しているため)

大分では、不正によって合格した教員の採用取り消しという
措置を取り、同時に本来合格していた人間が希望すれば教職員として
採用するとのたまっているらしいのですが、釈然としません。
自分の意志で不正を行っていない者や、信頼を裏切った県に
就職したくない本来合格者もいると思うのです。

今年の大分県採用試験においては、第三者機関に試験を委託したり、
不正防止に向けて措置が講じられていると言いますが、
一度失われた信頼を取り戻すことはできません。

「すべって転んで大分県」という言葉がありますが、
「すべらず転んだ大分県」という感じです。

世の中、「天網恢恢疎にして漏らさず」(てんもうかいかいそに〜)
とはいかないかもしれませんが、やっぱり悪いことは悪いと
ある程度の処罰なりをすべきだと思います。

このブログのご利用は無計画的に。夏休みのご利用は計画的に!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。