2008年07月18日

漫画『喝揚丸ユスリ商会』藤子不二雄A

強請る者は、強請られる。

ダークな人間の内面を描いたエログロ系漫画。

200807181836000.jpg

主人公たち。つまり、ゆする者と、ゆすられる者。

刑法第249条【恐喝】  

1 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを
 得させた者も、同項と同様とする。

〜あらすじ〜
主人公喝揚丸は、ユスリ商会の社員であり、他人の知られたくない
秘密や悪事などを写真に納め、相手を強請る(ゆする)ことで、
生計を立てている。「同じ材料は、決して二度売りいたしません」を
合言葉に、低姿勢で強請りをかける揚げ丸は、喪黒福造のような
「絶対悪」ではなく、あくまで日々の生活のためにゆすりをする
しがないサラリーマンであり、時には罠にはまった人間を見て
心を痛め、情を見せる場面もある。強請りをかけられる人間の
中には、ひき逃げなどの犯罪をするような自業自得的な者もいて、
作中においては、揚丸を悪人と描かずに、むしろ強請られる側の方が
悪人的に描かれている者もある。水虫のかゆさにのたうつ揚げ丸は
犯罪者ながら、どこか憎めず、ユーモラスですらある。
但し、作品自体は不二雄A色の強いダークでブラックな作品。

200807181839000.jpg


他に、上記の作品と同様のテイストで描かれた「恐喝有言会社」
日本人の悪しき習慣を風刺した「ハレムのやさしい王様」を収録。
「笑ゥせぇるすまん」が好きな方にはおすすめ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少しブラックなのが、藤子不二雄Aですよね。
「魔太郎がくる」の、コノウラミハラサデオクベキカが、結構好きでした。
古すぎるね(笑)

→山口ジジイ様 コノウラミ〜は知っているんですけど、
 漫画は読んだことないです。藤子F先生とのあまりの
 テイストの違いにビックリします。
Posted by 山口ジジイ at 2008年07月18日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。