2008年06月29日

「チームミニモニの栄光」

「自分を信じていくのだぴょーん」
と歌っていたミニモニメンバーだったが、
できちゃった婚(授かり婚)をしたり、
未成年喫煙してこどもの夢を壊したり、
自分を信じた結果、あのていたらくである。

ミニモニは、かつて人気もあったし、売れた。
関係者やファンから辻&加護はかなり期待されていた
と思う。自分以外にも、信じていてくれた人がいた。
それに対する返答としてはきつい仕打ちだ。

「おいしい牛乳飲むのだぴょーん」
8年前の6月29日つまりこの日、
雪印が不祥事&不適切発言したことを蒸し返すことにした。
「雪印の黄色ブドウ球菌食中毒」
http://www.mhlw.go.jp/topics/0101/tp0119-2.html

社長「私は寝ていないんだ」
専務「黄色人種と黒人は牛乳を飲むと下痢する」
こっちは、しゃれになってないなと思った。
思えば、この頃から「謝罪」ばかりの十年という感じだ。

プロ意識っていうのは、社会人ならどんな立場でも求められる。
それが、十代のアイドルでも、いい年した大人であってもだ。
加護は、また芸能人として活動をはじめた。
雪印は、「メグミルク」と名前を変えて牛乳を作っている。
肝心なのは管理体制とかじゃなくて、謙虚であることだと思う。
自信が確信になる人もいれば、自身が過信になる人もいる。 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。