2008年06月22日

「巨人逆転劇と永久追放」

9回裏ツーアウト、巨人戦完封直前で杉内、代打大道に打たれる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000117-mai-base

さて、昨日はNHKで野球をやっていたので、巨人戦を最後まで
観られるぞと兄といっしょに野球を観ていた。
巨人は、杉内投手の好投の前に三振の山。ランナーが得点圏に
進んでも、クリーンナップがチャンスを一掃してくれる始末で
まさに目も当てられない状況だった。
それでも、先発グライシンガー、中継の越智が最少失点差で
抑えていたのが救いだった。

しかし、杉内の前に打線は依然沈黙。あまつさえ、小笠原、
阿部がゲッツーで凡退するなど、少ないチャンスを活かせず、
あっさり9回裏ツーアウトランナーなし。
代打大道。
「せめてランナーに出てくれ」
というのが巨人ファンの願いだった。
なにしろ、大道選手バットをかなり短く持つ選手だ。
フルカウント、気持ち的には巨人が追い込まれていた。
高めに入った球を大道がフルスイング。
打った瞬間大道はホームランを確信したようだった。
起死回生、文句なしのホームラン。150球投げた杉内の好投は
実らなかったが、「あれがパリーグ奪三振王の杉内か」という
強い印象を残した。

投手戦が続き、どちらもふんばり、最終回に突入。
そして、12回1点をホームランで入れられた巨人だったが、
木村の2点タイムリーで劇的なサヨナラ勝ち。結局終わったのは
10時30分頃、テレビを3時間も観てしまったが、兄と共に大喜び。
「誰かの願いが叶うころ あのこが泣いてるよ ♪」
という宇多田の曲が思い浮かんだ。そういえば、
チャーリー・ブラウン(スヌーピーの登場人物)もそんな
話をしていたな。ともだちが、大好きなアメフトのチームが
劇的な大逆転したんだと、嬉々として彼にそれを話したら、
「じゃあ、負けたチームのファンはさぞやがっかりしたんだろうね」
年齢にもよると思うが、こんなことに気付くともだちってイヤだ。

「チャーリーブラウンとは?」
http://www.google.com/search?q=%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3

浦和レッズと、ガンバ大阪の因縁試合ではありませんが、
勝った相手が、負けた相手を挑発する行為はいけませんね。
火に油というか、ガソリンを注ぐような行為です。
結局、事件の発端をつくったガンバファン(ファンと言うより輩)
試合前にレッズファンに向けて水風船を発射した2人は、
スタジアムへの入場を永久追放されたみたいです。↓
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20080622-OHT1T00060.htm

選手以外にも、永久追放されることがあるのですね。
なんにしろ、スタジアムに足を運んで、楽しみにしていた試合に
泥を塗られた事件の当事者、特にこどもにとって、苦い思い出に
なっていなければいいなと思います。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。